FLATBUSH ZOMBIES JAPAN TOURが1/8に渋谷SOUND MUSEUM VISIONで開催。ONYX collectiveも来日

アメリカはNYのブルックリン地区の注目グループで、日本でも高い人気をほこるFlatbush Zombiesの来日公演が1/8に渋谷Sound Museum Visionで開催される。

その名の通りブルックリン地区、フラットブッシュから登場したL.S. Darko、ZOMBIEjuicee、Erick ‘Arch’ Elliotの3人からなるFlatbush ZombiesはA$AP Mobとのリンクやミックステープ『D.R.U.G.S.』などで注目を集める、NYの新世代を象徴するグループだ。

 

また今回はNYの新進気鋭のジャズ・グループでKnow Waveなどでも番組を持つONYX collectiveも初来日公演を行う。

 

日本からはさらにKANDYTOWNやkiLLaもライブで登場、DJではShintaroがレアなヒップホップセットを披露する。

Flatbush Zombies

Flatbush Zombies

FLATBUSH ZOMBIES JAPAN TOUR
1/8(日) OPEN22:00 ¥2800 ADV ¥3500 DOOR

e+
iFLYER
clubberia
//GAIA//

LIVE
FLATBUSH ZOMIBES
ONYX collective(KNOW WAVE)
KANDY TOWN
kiLLa
DFT

DJ
SHINTARO(HIP HOP SET)
YANATAKE
8MAN
YUA

//DEEP//

“KING OF KINGS AFTER PARTY”

DANCE SHOW
BIGDOGSS

//WHITE//

“DOWN TOWN"

SP GUEST

YURUFUWA GANG

DJs

K27T(UNTITLED CLUB)
KRKW
MINAMIKAWA
MIURA(STADIUM)
RIKIYA
PAURA
EIJI(A-1 CLOTHING)

SIDE MC
KIC©(AWESOME BOY)

//D-LOUNGE//

KILLER TUNES BROADCAST(WACKO MARIA)
mayurashka
DJ KEN-SKE
BARCH (GRIND / PERK)

YOU MUST BE OVER 20
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明書をお持ち下さい。

INFO:
SOUND MUSEUM VISION
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
03 5728 2824
www.vision-tokyo.com

related

KANDYTOWNが3rdアルバム『LAST ALBUM』を今秋リリース | "Curtain Call (feat. KEIJU, Ryohu, IO)"を今月発表決定

明日9/3(土)に『Local Green Festival’22』への出演を控える国内屈指のヒップホップクルー、KANDYTOWNが、前作『ADVISORY』から3年ぶりとなる待望の3rdアルバム『LAST ALBUM』2022年秋に発売することを発表した。

KANDYTOWNの1stアルバム『KANDYTOWN』のアナログ盤が数量限定で再プレス

KANDYTOWNが2017年にリリースした1stアルバム『KANDYTOWN』のアナログ盤が5年ぶりに4LPで再プレスされることになった。

国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』の第三弾出演アーティストが発表|KANDYTOWNが新たにラインナップ

5月21日(土)、5月22日(日)の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催される国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』。本日3/29(火)に第三弾出演アーティストとして新たに東京出身のヒップホップ・クルーKANDYTOWNがDAY1に出演する事が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。