2016 Best 100 Songs Vol.5

FNMNLの2016年の最後を飾る企画は、今年を代表する曲を紹介する『2016 Best 100 Songs』。アルファベット順で1記事に10曲ずつ、FNMNLの編集者がピックした曲を10回にわたり更新していく。こちらは第5弾。

41. Kamaiyah - How Does it Feel (『A Good Night in the Ghetto』収録)

 

42. Kano - Endz (『Made in the Manor』収録)

 

 

43. Kanye West - Famous (『The Life of Pablo』収録)

 

 

44. Kaytranada - Track Uno (『99.9%』収録)

45. Keith Ape - Let Us Prey

 

 

46. Kevin Gates - 2 Phones (『Islah』収録)

 

 

47. Kid Cudi - Surfin (『Passion, Pain & Demon Slayin'』収録)

 

 

48. Kodie Shane - Drip On My Shake

 

 

49. KOHH - Mitsuoka

 

 

50. イ・ラン - 神様ごっこ

 

 

Vol.6はLil Uzi VertからP Moneyまで

related

2016 Best 100 Songs Vol.10

FNMNLの2016年の最後を飾る企画は、今年を代表する曲を紹介する『2016 Best 100 Songs』。アルファベット順で1記事に10曲ずつ、FNMNLの編集者がピックした曲を10回にわたり更新していきます。こちらは最後の第10弾。

2016 Best 100 Songs Vol.9

FNMNLの2016年の最後を飾る企画は、今年を代表する曲を紹介する『2016 Best 100 Songs』。アルファベット順で1記事に10曲ずつ、FNMNLの編集者がピックした曲を10回にわたり更新していきます。こちらは第9弾。

2016 Best 100 Songs Vol.8

FNMNLの2016年の最後を飾る企画は、今年を代表する曲を紹介する『2016 Best 100 Songs』。アルファベット順で1記事に10曲ずつ、FNMNLの編集者がピックした曲を10回にわたり更新していきます。こちらは第8弾。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。