Chance The RapperのラップとKanye Westのビートをマッシュアップしたミックステープ『Chance The Dropout』

DJ Critical HypeとDJ ClydeによるKanye WestのビートとChance The Rapperのラップをマッシュアップした非公式のミックステープ『Chance The Dropout』をリリースした。

Critical HypeはPigeons&Planesに対し「彼らは二人ともシカゴ出身で、ChanceはいつもKanyeからどれだけ影響を受けたか語ってくれて、新旧シカゴアーティストの垣根を繋ぐ橋を作れると思ったんだ。」とミックステープ製作のきっかけを明し、出来映えは想像以上だと語っている。

『Chance The Dropout』にはChance The Rapperの他にもG Herbo、Common、Young Thug、Lil Wayneらのバースも収録され、カバーアートにはRun The Jewelsのアルバムジャケットも務めたIan Klarerが担当している。

『Chance The Dropout』は下のプレイヤーで視聴やダウンロードが可能。(野口耕一)

RELATED

Chance The RapperがTwitterに「お気に入りの楽曲リスト」を投稿

先日、待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしたChance The Rapper。そんな彼が昨夜、Twitterで自身のお気に入りの楽曲を大量に投稿し話題となっている。

Chance The Rapperが新作への批判に対し「みんなに死ねと思われてるような気がする」と明かす

先日、待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしファンを大いに喜ばせたChance The Rapper。公私ともに絶好調にあるはずの彼だが、心の内に苦しみを抱えているようだ。

ヒップホップとキリスト教の歴史にフォーカスした異色の書籍『ヒップホップ・レザレクション』が今週刊行

日本基督教団阿倍野教会牧師でありヒップホップの現場を知り尽くした神学者の山下壮起による書籍『ヒップホップ・レザレクション』が、7/25(木)に刊行される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。