大原大次郎や岸野雄一、古藤寛也、菊地成孔などが講師を務める美学校、49期目の生徒募集が開始

1969年の創立以来、絵画、版画、現代美術、写真、音楽、演劇など、さまざまな講座を開講してきた美学校が、第49期2017年度の生徒募集が12/1から開始されている。

2017年度は全28教程を開講、講師を務めるのは、いずれも一線で活躍する表現者たちだ。Chim↑Pom 個展『また明日も観てくれるかな?』のイベントディレクターを務めた古藤寛也や、重力を主題としたモビールのタイポグラフィ〈もじゅうりょく〉などのプロジェクトを展開するデザイナーの大原大次郎。

大原大次郎
大原大次郎

さらに音楽劇『正しい数の数え方』で第19回文化庁メディ ア芸術祭 エンターテインメント部門大賞を受賞したスタディストの岸野雄一や、音楽家・文筆家・大学講師としてジャンルレスな活動を続ける菊地成孔も教壇に立つ。

岸野雄一
岸野雄一

少人数制ながら、これまでに3500名以上の卒業生を輩出してきた美学校。他の学校では受けることのできないユニークな講義を体験してみては?

jugyo
美学校での講義風景

 

美学校

美学校 第 49 期生募集概要
募集:2016年12月1日〜2017年3月31日

学期:2017年5月〜2018年3月

教程:絵画 4 教程、版画/写真 5 教程、現代美術 5 教程、メディア表現 6 教程、作曲 2 教程、 DTM 3 教程、研究室 3 教程、全 28 教程+特別講座 2 講座

定員:各教程 10 名程度(教程毎に異なる)

場所:美学校 本校(東京都千代田区神田神保町 2-20 第二富士ビル 3F)

資格:学歴・年齢・性別その他の制限はありません

詳細:http://bigakko.jp/

related

【対談】Latin Quarter × 大原大次郎 『少年くそマガジン』号外|Latin Quarter、13年ぶりの新作カセットテープをリリース

コロナの影響と東京オリンピックの開催可否で右往左往する2021年。混沌、という言い方はあまりにもベターではあるけど、そうとしか言えないような現状の今春、あるDJが2本のカセットテープを発表した。DJの名前はLatin Quarter。横浜を中心とした異能集団、Pan Pacific Playaの主謀メンバーであり、トラックメイカーであり、DJだ。

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

アーティストユニットMESによる個展『DISTANCE OF RESISTANCE/抵抗の距離』が代々木TOHにて開催

渋谷Contactの「ソーシャルディスタンスアート」を手がけたことも話題を呼ぶなど活躍をみせる新井健と谷川果菜絵によるアーティストデュオMESが、4年ぶりとなる個展『DISTANCE OF RESISTANCE/抵抗の距離』を代々木のアートスペースTOHにて開催する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。