小山泰介の個展 『 Generated X 』が来年1/6からG/P galleryで開催

アムステルダムを拠点に活動を行っている、小山泰介の個展『 Generated X 』が来年1/6からG/P galleryで開催される。

小山は 2014 年に文化庁新進芸術家海外研修制度によって渡英し、ロンドンでの2年間の滞在制作を経て、現在はアムステルダムに拠点を移して活動中。

本展では、2016 年4月にロンドンの大和日英基金ジャパンハウスギャラリーで開催し、好評を得た個展『Generated Images』で発表された『PICO』シリーズの写真と映像によるインスタレーションをアップデートして発表する。

小山泰介
"PICO - INFINITY 2016年 展示風景『Generated Images』(大和日英基金ジャパンハウスギャラリー、ロンドン、2016年) ©︎ Taisuke Koyama Courtesy of G/P gallery, Tokyo"
PICO
"Untitled (Pico 008) 2015年 ©︎ Taisuke Koyama Courtesy of G/P gallery, Tokyo"

近年小山は「イメージを体感する」ことを重要視しており、本展でも体験性を重視したインスタレーションが展開される。 あわせて『あいちトリエンナーレ2016』で発表した名和晃平との新作コラボレーション作品『VESSEL-XYZXY』や、ポス トデジタル時代の抽象写真の可能性を探究した『LIGHT FIELD』シリーズなどを併せて展示する。

小山泰介
"LIGHT FIELD 031  2015年 ©︎ Taisuke Koyama Courtesy of G/P gallery, Tokyo"
小山泰介
"VESSEL - XYZXY #040 2016年 ©︎ Taisuke Koyama Courtesy of G/P gallery, Tokyo"
小山泰介
"NONAGON PHOTON (LML15) 2015年 映像作品『NONAGON PHOTON (LML15)』キャプチャー ©︎ Taisuke Koyama Courtesy of G/P gallery, Tokyo"

開催概要 小山泰介個展『Generated X』

会 期 : 2017年 1月 6日( 金 ) ~ 2月 26日( 日 )
会場:G/P gallery
住所:〒 150-0013 東京都渋谷区恵比寿 1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
主催:G/P gallery
協賛:ソニー株式会社
関連イベント トークイベント
日時:2017年 1月 6日(金)16時~
出演:水野勝仁(甲南女子大学文学部メディア表現学科講師)、塚田有那(編集者/キュレーター)、小山泰介 モデレーター:深井佐和子(G/P gallery ディレクター)
オープニング・レセプション

日時:2017年 1月 6日(金)18 時~

 

related

グラフィックデザイナーのD.O.X.によるプロジェクト「CAUSE AND EFFECT」のアーカイヴ展がgallery communeで開催

自身でもブランドを運営し、また国内外のブランドへのグラフィック提供や数多くのユニットとしても活動する東京在住のグラフィックデザイナーD.O.X.。

FACE RECORDS × LAID BUGによるプロジェクト 『SLIPPIN MATTERS』よりアートスリップマットが発売|代官山 蔦屋書店にてPOP UPも

渋谷のアイコニックなレコードストアFACE RECORDSと、新鮮なアート展とクセの強いオリジナルプロダクトが人気のギャラリー&スーベニアショップ LAID BUGが手を組み、アーティストの作品を落とし込んだスリップマットが4月16日(金)に発売される。

lee (asano+ryuhei)の個展『緊張と緩和』が大阪・DELIにて開催

lee (asano+ryuhei)の個展『緊張と緩和』が、4月16日(金)〜4月25日(日)大阪・DELIにて開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。