Swing Tingからリディム・ムーブメントの立役者の1人Florentinoが新作をドロップ

photo by Louis Reynolds

イギリスはマンチェスターから、世界的なダンスホールムーブメントへ影響を与えるレーベルSwing Tingは、これまでもMurloやEquiknoxxといった現行ダンスホールのトレンドセッターであるプロデューサーや、Dub Phizix等の共作で知られるFoxをフューチャーする等ダンスホールの枠にとらわれない斬新なリリースを続けてきた。

レーベルの12作目となるシングルFlorentino(フロレンティーノ)『Bloodline / Sientelo』がリリースされた。同じくSwing Tingからの、デビューEPとなった前作『Tu y Yo』において、ラテンの要素が入った斬新なダンスホールの楽曲で注目を集めた彼は、SkeptaやEquiknoxx、Spookyのリミックスを含め、ほぼ自身のプロダクションのみで構成した先日のFact Mixでも幅広い層から話題を呼んだ。

今リリースの"Blood Line"はグライムやレゲトンの影響が共在する、未来的なダンスホール、もう一曲の"Sientelo"はカーニバルの要素が入ったアップテンポでフロア向きなチューンである。Florentinoの他のトラックからも感じる事ができるラテンやレゲトンの影響は、コロンビアにルーツを持つ彼ならではのものだろう。

今回のリリースを皮切りに来年には多くのリリースが控えているFlorentinoは、2017年さらに注目が集まるのが確実のプロデューサーの1人である。(高倉宏司)

Release Info

Florentino

Florentino - 『Bloodline / Sientelo』

Info

Florentino

https://soundcloud.com/deejayflorentino

Swing Ting

https://soundcloud.com/swingting

related

ダンスホールレゲエの歴史を紹介する書籍を刊行するためのクラウドファンディングがスタート

RihannaやDrakeなどによって、さらに注目を浴びている音楽ジャンル、ダンスホール。

【ダンスホール特集 Pt.2】越境するリディムサウンド with 『TRNS-』

Drakeなどが積極的に楽曲にも取り上げたことで、アメリカのヒップホップシーンでもここ数年で度々ピックアップされるキーワード「ダンスホール」。特に夏はトロピカルなダンスホールフレイバーをまとった楽曲がアメリカだけではなく、本国ジャマイカはもちろんアフロビーツと融合してイギリスでも大きなムーブメントと...

UK新時代を切り拓くレーベルSwing TingがFACT MIXを公開

イギリスのマンチェスターで活動するレーベルでありプロデューサーデュオのSwing TingがFACTのマンスリーMIXシリーズに登場。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。