Sherwood & Pinch新次元のコラボアルバム『Man Vs. Sofa』を2月にリリース

On-U Soundを率いてダブを更新してきたAdrian Sherwoodと、Tectonic Recordingsなどのレーベルでベース・ミュージックとしてのダブを進化させてきたPinchとのコラボ・プロジェクト、Sherwood & Pinchによる2年ぶり2作目となるアルバム『Man Vs. Sofa』のリリースが発表、あわせて新曲「Retribution」を公開した。

By 麻芝拓

アンビエントなイントロから一転、パンキッシュなテクノ・サウンドと頭上を飛び交うエフェクト、そして打ち付けるリズムが攻撃的に響く"Retribution"。この1曲だけでアルバム全体像を予測するのは無理だが、前作での「互いのお手並み拝見」的な空気は全くなく、約5年に渡ってのスタジオでのセッションや各地でのショウで培われた信頼関係が音に昇華された、新しい次元を聴かせてくれることだろう。

なんとなく初期のOn-Uを思わせるアートワークや皮肉めいたタイトルも期待を煽る。アルバムには坂本龍一"戦場のメリークリスマス"ダブワイズ・カヴァーも収録されるとのこと。

ONU

『Man Vs. Sofa』は2017年2月24日(金)世界同時リリース、日本盤にはボーナス・トラック「Bullshit Detector」が追加収録され、解説書が封入される。

約5年間に渡って仕事を共にしてきたことで、俺たちの制作プロセスは、飛躍的に進化し向上した。今作っている音楽は、それぞれが一人では決して鳴らすことのできないサウンドだと感じるまでになった。エイドリアンはここ数年でヴィンテージのスタジオ機材を新たにいくつも導入し、さらに多くのことを試せるようになった。それらがこのアルバムの収録曲の中に反映されているんだ。それらが俺たちに対して響くように、リスナーのみんなにも響いてほしいと思ってるよ。
- Pinch

『Man Vs. Sofa』にはすごく満足してる。ピンチと俺は真に素晴らしいサウンドにたどり着いたし、本物の進化だと感じている。
- Adrian Sherwood

artist: SHERWOOD & PINCH ― シャーウッド&ピンチ
title: Man Vs. Sofa ― マン VS. ソファー
release date: 2017/02/24 FRI ON SALE
cat no.: BRC-539

[ ご予約はこちら ]
beatkart: http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002124
amazon: http://amzn.asia/5zzlPnj
iTunes Store: http://apple.co/2gkC

related

Mars89の最新EP『THE DROOGS』リリースパーティのフルラインナップが発表|PINCH、LIL MOFO、脳BRAIN、Romy Matsらが出演

Mars89がUNDERCOVER RECORDSからリリースした最新作『THE DROOGS』。東京・渋谷のWWW Xで2/23(日・祝前日)に開催されるリリースパーティのフルラインナップが発表された。

【特集】Adrian Sherwood来日公演直前スペシャル | 今改めてダブとはなにか

ここに一本の動画がある。自身が主宰するレーベル、ON-Uからダブ/パンク/アヴァンギャルドのボーダーをまたいだ作品群を発表してきたUKダブ界の重鎮、Adrian Sherwoodがスタジオでライヴ・ダブを披露している動画だ。「Adrianはかなりの機材マニアなんですよ。新しいものを取り入れつつ、アナ...

冨田勲 追悼特別公演にAdrian Sherwoodの出演が決定。代表曲"惑星 Planets"のライブ・ダブミックスを世界初披露

11/11~11/12に東京・オーチャードホールで予定されている、先頃逝去した冨田勲の追悼公演、冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』の第1部で、追加の上演プログラムが発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。