12/3よりD.J.FulltonoとFoodmanがUSツアーを敢行。LA - Low End Theoryを含む8公演

Jukeをベースとしながらも、ジャンルの限界へと突き進みながら国内外にファンを増やす日本のプロデューサー、D.J.FulltonoとFoodmanが12/3のポートランドを皮切りにUSツアーを敢行。

L.A.では伝説的パーティLow End Theoryに出演し、その翌日にはJukeの震源地ChicagoのクラブEmpty Bottleに登場。

12/3 Portland - Cascade Courier
12/4 Seattle - Timbre Room
12/7 L.A. - Low End Theory
12/8 Chicago - Empty Bottle
12/9 New York - Adhoc@Sunny Vale
12/11 Boston - Gross Outlet
12/12 Providence - Machines with Magnets
12/13 L.A. - Rocksteady @ Tokyo Beat

アメリカ行ってきます?

A photo posted by 食品まつり a.k.a FOODMAN (@tyousinkai) on

USツアーはFNMNLでブッキングエージェントの仕事について教えてくれたLEOが担当している。

LEO,Fulltono,foodman

A photo posted by 食品まつり a.k.a FOODMAN (@tyousinkai) on

Shinamo Moki

related

『Local World』がMURVSAKIやD.J.Fulltono、speedy lee genesisなどが出演しSPREADで復活開催

これまで世界各地で存在感を放つアーティストと日本のローカルアクトを招聘してきたパーティー『Local World』が、下北沢の新クラブSPREADで10/23(金)に復活開催される。

OMKがアジアのダンスミュージックにフォーカスしたパーティー『ADM1317』をWWWβでスタート

stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、DJユニットSoi48を中心にアジアの地下ヒップホップ・シーンや、最先端クラブからローカルなディスコまで潜入調査し、インターネットの世界ではわからない音楽、危険な現場、ゴシップ、レコード、カルチャーをディグするプロジェクトOMK(ワンメコン)が、東京・渋谷WWWβを拠点に新パーティー『ADM1317』をスタートさせる。

D.J.Fulltono x CRZKNY x Skip Club Orchestra x megumu yamamotoによる新レーベル『Draping』が始動 | Dommuneでの特番も決定

ミニマルテクノの傑作Wolfgang Voigtの『Studio1』へのオマージュとして開始されたD.J.FulltonoとCRZKNY によるプロジェクト Theater1。 2015年~2016年に毎月一枚、計 12 枚の EP をリリース、そしてその EP を二枚組CDア...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。