KANDYTOWNからIO、YOUNG JUJUに続きDONY JOINTがデビュー・アルバムを1/6リリース

クルーとしてのメジャーデビューアルバムも話題になった、世田谷出身のクルーKANDYTOWNからIO、YOUNG JUJUに続き、DONY JOINTがソロデビューアルバムを来年1/6にリリースすることが分かった。

DONY JOINTはIO、YOUNG JUJUとともにUNITED ARROWS企画のサイファーへMUROのDJのもと、ANARCHY、KOHHらと並んでの参加とCARHARTT全面サポートでのフリー・ダウンロード作品『Nothing New』をリリース。KANDYTOWNのライブでも定番で披露されている"5 IN THE CITY"(DONY JOINT feat. IO)や"We & 4Ever U#(IO、YOUNG JUJU、DONY JOINT)、さらにはKANDYTOWNのメジャー・デビュー・アルバムのリード・トラックとなる"R.T.N"などの重要曲で聴けるドープなフロウですでにそのスキルやセンスは保証済みだ。

アルバムにはMURO、JASHWON、LOSTFACEといったビートメーカーが参加する他に、KANDYTOWNからもNEETZやRYOHUらがビートを提供予定。

客演にもIOやYOUNG JUJUらKANDYTOWNの面々がガッチリとサポートすることに。

​<Release Info>

アーティスト: DONY JOINT (ドニー・ジョイント)

タイトル: タイトル未定
レーベル: P-VINE | BCDMG | KANDYTOWN LIFE
品番: PCD-28032
仕様:CD
発売日: 2017年1月6日(金)
販売価格: 2.800円(税抜)

RELATED

KANDYTOWNのワンマンライヴ『LOCAL CONNECTION』がAbemaTVで放送

KANDYTOWNが5/3(金)にTSUTAYA O-EASTで開催したワンマンライヴ『LOCAL CONNECTION』の模様が、AbemaTVで放送されることになった。

KANDYTOWNがクルーとしての2ndアルバムを今秋リリース | 東京・大阪でのZeppツアーも開催決定

ラッパー、DJ、トラックメイカー、アートディレクターなど総勢16名が所属するKANDYTOWNが、今秋にクルーとしては3年ぶりとなる2ndアルバムをリリースすると、渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催されたワンマンライブ『LOCAL CONNECTION』で発表した。

EMPIRE編集長が現在のヒップホップ人気に対して懐疑的な姿勢を示す

先日開催されたSXSWにて「カルチャーに爆発を起こしたヒップホップの流行」という議題で、EMPIREのCEOであり設立者のGhazi Shami氏が語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。