2014年にリリースされていた全曲Daft PunkからサンプリングしたBeasties Boysのリミックスアルバム

2014年にカナダのプロデューサーCoinsが自身のBandcampに『Daft Science』という作品をアップロードしていた。

 

2年前の無名のアーティストの作品をなぜ今?と思うかもしれないが、この『Daft Science』はBeastie Boysのヒットチューンを、すべてDaft Punkのトラックからサンプリングしてリミックスした、とてもキャッチーかつハイクオリティーな作品となっている。しかも今はフリーダウンロードで手に入れることができる。

"Root Down"や"Body Movin"、"Check It Out"などのヒットチューンが1度は聴いたことがあるだろう、Daft Punkの曲を使ったリミックスにとなれば、これは聴いてみたほうがよさそうだ。

しかし2年前のアルバムがなぜ今になって話題となっているのかというと、掲示板サイトRedditのDaft Punkの掲示板で話題になっているのが真相ということだ。

Via Dancing Astronaut

related

スパイク・ジョーンズが手掛けたBeastie Boysのドキュメンタリー映画がApple TV+で本日公開 | メンバーがセレクトしたプレイリストもApple Musicで

親交の深いスパイク・ジョーンズが手がけることでも話題となっていてBeastie Boysのドキュメンタリー映画『Beastie Boys Story』が本日からApple TV+で公開となった。 映画はニューヨークシティ出身の3人のティーンエイジャーがハードコアパンクバンドを結成し、いかにして...

スパイク・ジョーンズが手がけたBeastie Boysのドキュメンタリー『Beastie Boys Story』が4月にApple TVにて配信

“Sabotage”の70年代刑事ドラマをパロディした名作MVを監督するなど、Beastie Boysと深い関係を持つスパイク・ジョーンズ。そんな彼が手がけたBeastie Boysのドキュメンタリーが、今年4月にApple TVで配信されることが明らかになった。

Beastie Boysのアルバム『Ill Communication』のリリース25周年を記念したミニドキュメンタリーが公開

Beastie Boysが1994年にリリースした4枚目のスタジオアルバム『Ill Communucation』の25周年を記念して、Amazon Musicからショートフィルム『Still Ill』が公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。