Popcaanが第21回MOBO AwardsでBest Reggae Actに選出される

先週金曜日、レゲエアーティストのPopcaanがスコットランドで行われた"21th MOBO Awards"でBest Rggae Actに選出された。

 

PopcaanはDrakeのアルバム『Views』の"Controlla"に参加するなど、現在のグローバル化したダンスホールレゲエシーンの、中核を担うアーティストの1人だ。

 

MOBO Awards(Music Of Black Origin)とはUKを代表するブラックミュージックやカルチャーの普及を趣旨に、Gospel、Jazz、RnB、Reggae、Hip Hopのアーティストが集う音楽賞である。

Popcaanは去年も同アワードを受賞しており、その他にも『Fire Starta Riddim』を使用した"Champion Boy"がヒットしたAlkaline、最近ではKid Inkのアルバムに参加した女性レゲエアーティストSpice、オーセンティックなレゲエシーンを牽引するProtoje、Atlantic recordに所属するレゲエシンガーKraniumが同じくノミネートされた。

 

Poopcaanは「ジャマイカとイングランドのプロデューサーとファンには感謝しているよ。UKでアワードを取れたことは凄くうれしいし、これからもジャマイカやファンの為に頑張るよ。」と授賞式でスピーチを行った。(野口耕一)

related

ダンスホールレゲエの歴史を紹介する書籍を刊行するためのクラウドファンディングがスタート

RihannaやDrakeなどによって、さらに注目を浴びている音楽ジャンル、ダンスホール。

【ダンスホール特集 Pt.2】越境するリディムサウンド with 『TRNS-』

Drakeなどが積極的に楽曲にも取り上げたことで、アメリカのヒップホップシーンでもここ数年で度々ピックアップされるキーワード「ダンスホール」。特に夏はトロピカルなダンスホールフレイバーをまとった楽曲がアメリカだけではなく、本国ジャマイカはもちろんアフロビーツと融合してイギリスでも大きなムーブメントと...

GorillazがPopcaanをフィーチャーした楽曲"Sarurnz Barz"をBaauerがリミックス

Gorillaz x Baauer x Popcaan=?

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。