Young Thugがジェンダーの垣根やアルバム『Jeffery』について語る

香港で創刊され、過去に数々の女性アーティストを表紙に起用してきた女性ファッション雑誌、V magazineがポップカルチャーを牽引するアーティストに選んだのはYoung Thug、Alicia Keys、Grimesだ。同誌のインタビューに答えたYoung Thugは、アルバム『Jeffery』や新作アルバムの制作プロセス、最近の心境の変化を話している。

 

今年の始めにYoung Thugの本名をタイトルにしたアルバム『Jeffery』やいくつもある自身の愛称に関して、「あれは最近の気分だったんだよ。それ以外ないよ」「それから何もできないことはないってことが分かったよ、変化するっていうのはかっこいいよ」とThugは自身の環境を変化させるために改名したという。

内容よりも注目されたJefferyのジャケットで、着用していたドレスについては「人々にジェンダーへの先入観、もしくは境界線を気にするな」というメッセージをこめたとも話す。

さらに同作でYoung Thugのヒーローが曲名になっている理由を「曲の名前は曲を作っているときに思い浮かぶ人からきてる、もしくは、俺に自然とそれを作らせちゃう人からかな」とYoung Thugは明かし、「最近のアーティストはまじめじゃないけど、俺はまじめでいたいんだ」と音楽制作に対する真摯さを説いた。

制作真っ最中で年末にリリースを予定している新作については、「多分、『Jeffery』より10倍ハードな作品になると思うよ。それはJeffery自身の一つの要素でもあるけど、まだストリートの要素もある。今回は完全体なJefferyっていう感じになると思うよ」と新作にはより自身のパーソナリティーがより表現されると示唆した。(野口耕一)

Via Highsnobiety

RELATED

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

Young Thugが洋服のコーディネートに失敗したことはないと豪語

先日、リリースしたニューアルバム『So Much Fun』が自身初となるBillboardアルバムチャート1位を獲得したYoung Thug。早くも新プロジェクトのリリースをほのめかすなど精力的に活動している彼は今回、GQのインタビューに登場。自身のファッションについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。