DrakeのKid CudiへのDis曲になぜKanye Westがクレジットされていたのか?Drakeのプロデューサーが真相を語る

先月がDrakeがリリースした『More Life』の中に収録された"Two Birds, One Stone"がうつ病治療中のKid Cudiをディスしていたことが様々な論争を巻き起こしている。

 

OVO FEST 7

A photo posted by champagnepapi (@champagnepapi) on

なかでもKid Cudi側に立っていると考えられていたKanye Westがdis曲のプロデューサー、コンポーザー、リリシストとしてクレジットされていたことは大きな話題となった。

その論争の最中、GeniusはDrakeのOVOに所属する音楽プロデューサーのNoah "40" Shebibへのインタビューを敢行し、Noah ShebibはなぜKanye Westがクレジットされていたのかを説明した。

Noah "40" Shebibは「ぼくとKanyeがトラックをプロデュースしたんだ。Kanyeが作ったドラムからぼくがトラックを作った。(Kanyeがクレジットされているのは)ただそれだけの理由で、世界中のみんなが探しているような話はないよ」と答えた。

もう一つの謎、なぜKanyeがWriterとしてにクレジットされていたかだが、Faderが関係筋からえた有力な情報によると、「プロデューサーやミュージシャンとして曲の制作に関わると、Writerとクレジットされてしまう」というのが理由だそうだ。だからNoah ShebibとKanye Westを含む他のミュージシャンは一緒くたにクレジットされてしまっている、ということだ。

Kanye Westはこの論争のことをどう考えているのだろうか。

via Fader

related

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

Drakeが自身と同じ香りのするキャンドルを販売

今年5月にミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』をリリースして以来まとまった作品は出していないものの、依然としてスターの地位を不動のものとしているDrake。そんな彼が、なんとフレグランス業界に参入し、まさかの商品を発売しようとしているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。