東京在住の「ライブ・コーディング」ミュージシャンのRenick Bellがアルゴリズムで生成した5曲のEPをリリース

「ライブ・コーディング」パフォーマンスを行うミュージシャンでありプログラマーである、東京在住のRenick Bellは、ロンドンのテクノ怪人ことLee Gambleのエレクトロニック・ミュージックのレーベルUIQからアルゴリズムで生成された5曲入りEP『Empty Lake』リリースする。

 

Renick Bellは「Haskell」と呼ばれるプログラミング言語を用いて5曲をライブコーディングによってプロデュースした。

UIQはSoundCloudでもYoutubeでもなく、Renick Bellの作曲/パフォーマンスをより知ってもらうべく、実際に彼がプログラム行っている様子をウェブで見ることができるプログラムで曲を公開した。

編集部注) 一部、編集しました。2016/10/17

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。