Wyclef JeanがYoung Thugを現代の2Pacと絶賛

Young Thugの最新ミックステープ『Jeffery』のオープニング・トラックを飾った"Wyclef Jean"。『Jeffery』はYoung Thugのアイドルについて歌ったミックステープであり、ハイチ生まれのラッパーWyclef Jeanもその1人だ。またWyclef本人も『Jeffery』の中の"Kanye West"でフィーチャリングされているが、メディアサイトHNHHがYoung Thugと46歳のベテランMCとのコラボが実現した詳細を伝えた。

 

WyclefとYoung Thugの両者は、最初のミーティングの時点で互いに親近感を感じていたとのこと。Wyclefは2 Pacを引き合いに出し、Young Thugを高く評価している。

Young ThugがWyclefと初めて会ったとき、彼はWyclefに「あなたは最高にインスピレーションを与えてくれる人物です」と語ったんだそう。Wyclef側もYoung Thugの楽曲を「俺が人生で聴いてきたなかでベストな音楽のひとつ」と応じたとのこと。

エピソードはそれだけではない。Young Thugの誕生日に行われた収録でWyclefは、楽曲"Kanye West"に挿入するボーカルを歌う際、「Happy birthday to you, Jeffery」と歌ったという。Young Thugはそれを『Jeffery』の収録曲"Kanye West"で使用したんだとか。

Wyclef曰く、両者の親密な関係は「ハイチ」を介して育まれたという。アトランタの「リトル・ハイチ」と呼ばれる貧困街で育った過去を持つYoung Thugが、Wyclefの故郷であるハイチへの愛を語ったのに加え、彼はWyclefに、自分の娘に「ハイチ」と名付けたことや、Haitiと掘られたタトゥーを見せるなどして距離を縮めたのだ。

Wyclefは、「誰に感動をもらうか、気づかないことはよくあるけど」と前置きしたうえで、「彼(Young Thug)はゲットーの出身だし、俺と似た背景を持ってるんだ。それと彼は生まれ持ったハイチへの愛着があって、ハイチの歴史も理解している。ハイチは最初の黒人共和国であるってね。彼はある意味で現代の2Pacみたいだよ。革命的な意味でね」と語り、Young Thugを絶賛。

Wyclefは、自身がエグゼクティブプロデューサーを務めた"Ghosts of Cité Soleil"をYoung Thugにプレゼントしたという。ハイチの首都であるポルトープランスを舞台に、暴力やギャングの生き様を描写したドキュメンタリーであるGhosts of Cité Soleilだが、Young Thugは既に10回以上見たという。

Wyclefの新作EPに収録予定の"I Swear"への参加が決定するなど、Young ThugとWyclefの親密度はさらに高まっているようだ。(伊藤)

Via HNHH

related

アドビがYoung Thugの新作『Punk』をテーマにしたクリエイティブチャレンジを開催 | グランプリの作品を用いたジャケットをYoung Thugが着用へ

アドビが10月にニューアルバム『Punk』をリリースするYoung Thugとクリエイティブチャレンジを開催する。

Lil DurkがミームとなったYoung Thugとの画像について詳細を明かす

2年ほど前、コラボ曲を制作していたYoung ThugとLil Durkがパソコンを見つめる画像がインターネットミームとして流行したことを覚えているだろうか?Young Thugの神妙な面持ちとLil Durkのポカンとした表情がなんとも可笑しいこの画像は現在でもしばしばTwitter等で用いられているが、今回、Lil Durkが画像についてのSNS上の声に反応した。

Young Thugの愛犬Ms Tootieが亡くなる|タトゥーを腕に彫ることで追悼

先日はPop Smokeの遺作『Shoot For The Stars Aim For The Moon』収録曲への参加で話題を呼び、またTravis Scottとのコラボも噂されているYoung Thug。そんな彼のSNSにしばしば登場していた愛犬Ms Tootieが先日この世を去ってしまったことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。