謎のユニットPoncho+Cqasino Tartがジューク/フットワークの新たなグルーヴにチャレンジするEPをリリース

イベントSOMETHINNやApostrophyなどで活躍する関西Jukeシーンの若頭ことKeita Kawakamiが自身のレーベルKOOL SWITCH WORKSを再始動!謎のユニットPoncho+Cqasino Tartによる4曲入りEP『Rosebud e.p.』をリリースする。

 

このユニットは「とあるグループのメンバー2人」によるものらしいので、気になる方はアーティスト名の文字の順番を組み替えて、ユニット名を明らかにしてみよう。

購入はBandcampから。

<Release Info>

関西ジュークシーンのホームグラウンド・パーティー「SOMETHINN」や、Seihoを中心としたメンバーが毎回凝ったビジュアルと音でパーティーの可能性を拡張する「Apostrophy」などで活躍するDJ、Keita Kawakamiが自身のレーベル〈KOOL SWITCH WORKS〉を再始動!Poncho+Casino Tartの4曲入りEP「Rosebud e.p.」をリリースする。

〈KOOL SWITCH WORKS〉は2012年に発足したジューク/フットワーク・レーベル。これまでにPICNIC WOMEN「stylus ep」やAZUpubschool「Lovely her lips EP」など5枚のEPをリリースしている。様々なバックグラウンドを持つトラックメーカーによるユニークなジュークを発表することで、日本でのジューク/フットワークの普及に大きな貢献を果たしてきたレーベルだ。

今回EPを発表するPoncho+Casino Tartは、とあるグループのメンバー2人によるユニット。彼らは〈KOOL SWITCH WORKS〉のファーストリリースであるコンピレーション「WITCHCRAFT EP」にも参加している。今回のEPでは、華やかでありながら憂いに満ちたメロディーとイーブンキックを前面に押し出したビートを組み合わせたトラックを披露。これまでのジューク/フットワークにはなかった新しいグルーヴの獲得に成功している。

プロモを聞いたBooty TuneのボスD.J.Fulltonoをして「今年のアンセムになるのでは?」と言わしめたタイトル曲「Rosebud」、PVでも紹介されているファンキーでアップリフティングな「Valentineday Kiss」など全4曲を収録。

160BPMの新たな可能性を切り開く優美な四つ打ちグルーヴをご堪能あれ!

『Rosebud e.p.』
Poncho+Casino Tart

Track List

01. It Was You
02.Valentineday Kiss
03.Can't Wait
04.Rosebud
produced by ugh/vinylman

Kool Switch Works(japan)

related

E&S社のロータリーミキサー「DJR 200」と「DJR400FX」の展示会がnaminohana recordsで開催

2019年3月1日よりフランスE&S社製品の国内総輸入代理店業務を㈱カエルワークスが開始し、再び注目を集めている「DJR 200」と「DJR400FX」の実機展示イベントが、大阪のレコードショップ「naminohana records」で、7月15日から開催されている。

Keita Kawakami主宰レーベルより国内アーティストによる「ゲットーテック/エレクトロ」に焦点を当てたコンピシリーズがリリース

ファラカミことKeita Kawakamiが主宰するレーベルK.S.Wから、国内アーティストによるゲットーテック/エレクトロに焦点を当てたコンピレーションシリーズ『delicious beats 4sale!』がリリースされた。

ベストサマーチューン 2017 Selected by KEITA KAWAKAMI

FNMNLの夏企画『ベストサマーチューン』。アーティストやDJ、アパレル関係者、はたまたブロガーやライターなどの方々が、思い思いの2017年夏の1曲をピックアップ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。