Radioheadの大ファンの男性が、シンセショップでThom Yorke、Jonny Greenwoodに遭遇!

このストーリーの主役であるRadioheadの大ファンの男性、フィアンセと共にRadioheadも出演するACLmusic festivalのためテキサスのオースティンへ10時間かけて行った。

 

「彼らをみるのは3回目だったけど、いつみてもかわらず最高だった。」と男性は振り返る。

そしてもうひとつ、シンセサイザーをいじることが趣味である彼が楽しみにしていた事は、このオースティンにあるシンセサイザーショップSwitched Onに行く事だったのだが、そこですばらしい週末の締めくくりとなるようなハプニングが起きた。

そのショップで、なんとThom YorkeとJonny Greenwoodに遭遇したのである。

「最初にJonnyがいることに気づいた、そしてすぐそこにThomが座ってることにも気づいたんだ。彼らと今回のツアーをまわっている、PortisheadのドラマーでもあるClive Deamerもいて、彼はKorgのシンセを触っていた」

そんな彼はThomとショップの店員の話に耳を傾けたりしつつも、ファンとしての行動はとらないことに決め、自身の目的であったシンセをいじっていた。

男性はこの夢のような時間についてこう記している。

僕がパッチをいじってるときに、後ろから「それは何?」と声を掛けられた。それはThomだった。それから僕らはシンセのパッチについて1時間くらい話したり、モジュールの複雑さなんかについてジョークをとばしたりもした。『自分はシンガーだからボーカルエフェクターとかオシレーターくらいしか使わないけど、それでも難しいと感じるよ』」とThomは言っていたよ。夢のような時間だったなあ、ジャムセッションなんかもした。彼らは先にタクシーで店を後にしたが、最後にはお互いに手を振って別れたんだ。僕らは自分達が何者かなんて話もしなかったし、ライブの話もしなかった。僕がRadioheadの大ファンで、本人達とそんな時間を過ごしてぶったおれそうになってることもね。僕は一緒に使ったモジュールを購入したよ。ついに、Radioheadが使用した機材を手に入れたんだよ。

こんな夢のような体験。もし大ファンのミュージシャンに遭遇したらどうする?(Tomomi Sonoo)

Via Fact

related

Lana Del ReyがRadioheadの"Creep"を盗作したとして著作権料の支払いを求められるも拒否し訴訟へ

Lana Del Reyの最新アルバム『Lust For Life』の最後に収録されている"Get Free"が、Radioheadの名曲"Creep"を盗作しているとして、Radioheadが訴訟を起こす予定であることがわかった。

Radioheadが『Kid A』にDr. Dreを参加させたかったと語る

Radioheadは先日名作『OK Computer』に収録される予定だった未発表曲"I Promise"をついに公開、大きな話題を呼んでいるがヒップホップ好きも反応してしまう、別のビッグニュースが飛び込んできた。

今年もCoachellaがヘッドライナーKendrick Lamar、Radiohead、Lady Gagaを含むライブアクトをストリーミング配信

Kendrick Lamar、Radiohead、Lady Gagaを含む、Lorde、Bon Iver、The xx、Future、ScHoolboy Qのライブのパフォーマンスを生でチェック。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。