The Internet、新作リリースと各メンバーのソロデビューを発表

The Internetが来春にニューアルバムをリリースとソロデビューを行うことをFader誌のインタビューで明らかにした。

 

Odd Futureに所属するSyd tha KydとMatt Martiansの2人を中心に2011年に結成されたThe Internet。3rdアルバム『Ego Death』が、グループのビルボード・アルバムチャート初登場に加え、第58回グラミー賞最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞にノミネートされるなど、注目度は随一。2016年は1月に催行された東京での単独ライブに加え、フジロックへの出演を果たすなど、新進気鋭の注目株として日本でもその名を馳せる彼らが、2017年春に新作をリリースするのに加え、各メンバーのソロ・デビューを敢行するという。

メンバーのMatt Martians、Steve Lacy、Jameel Bruner、 Patrick Paige II、 Chris Smithそれぞれがソロ・デビューを行うと明かす一方で、リーダーのSyd tha Kydは彼女の新作LPのタイトルを『Dive』に決定するなど、構想はかなりまとまっている模様。彼女は既に実力派若手トラック・メイカーのHit-BoyやMelo-X、他著名なプロデューサーと共に収録を済ませ、新作におよそ14曲程度を入れる予定だそう。それと入れ替わりに、The Internetの4作目の制作を始めたとのこと。

ジ・インターネットの4作目に関しMattは、前作『Ego Death』の中でも特にファンからの評価が高かった“Under Control”と同じ方法を用いた楽曲が多くなると示唆。つまり、新作では6人の共同作業によって制作された楽曲が増えたという。マットは“Under Control”を「本当の意味で最初のThe Internetの曲」と表現するほど共同作業の重要さを説いている。前作で6人が揃って制作した楽曲は“Under Control”に限られていただけに、ファンの期待も大きくなりそうだ。(伊藤)

RELATED

【ライヴ・レポート】The Internet | メロウなグルーヴに満員の観客が酔いしれた東京公演

The Internetが、最新アルバム『ハイヴ・マインド』を引っさげ、約1年ぶりとなる単独来日公演ツアーをスタートさせた。

WONKとMALIYAによるThe Internet "La Di Da"のカバーのミュージックビデオが公開

来週東京と大阪で来日公演ツアーを開催するThe Internet。約1年ぶりの単独来日公演を前にしてWONKとMALIYAによる"La Di Da"のミュージックビデオが公開となった。

The Internetが東京・大阪で規模を拡大して来日公演を開催

昨年行われた来日ツアーでアルバム発売前にも関わらず東京、大阪 共に即ソールドアウトし、その人気を確かなものにしたThe Internet。アルバム『Hive Mind』を引っさげての来日ツアーが2月に東京と大阪で開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。