Pacemaker 2.0で自作ミックステープを交換!Spotifyの曲を利用してDJミックスを作成し、友達に送ろう

「自作のカセットテープを交換」あの興奮が帰ってきた!

iOS DJアプリのPacemakerは最新バージョンで、作成したミックステープを簡単に友人とシェアできるようになって帰ってきた。

 

PacemakerはSpotifyの曲を使ってDJミックスを作ることができるというすぐれもののアプリ。自動でBPMなどを合わせてくれるので、DJ未経験者でも簡単にミックスができると評判であった。

今回の新バージョンPacemaker 2.0では、そのミックスを友達に送ることができる。他のDJアプリも自動シンクなどの機能を備えているものの、Pacemaker 2.0はより自作のカセットテープ交換のような、コミュニケーションの機能に力をいれているようだ。

Pacemakerのサーバーはアルゴリズムで自身のフォロー、視聴履歴、お気に入りなどのデータから、ミックスをおすすめしてくれたりする。

著作権上の理由からPacemakerはいかなる音楽のデータも所持しない。何分何秒でこの曲から曲に繋ぐといったメタデータのみを保持する。リバーブやループなどのエフェクトを追加したい場合は別途購入が必要だ。

Pacemaker 2.0 - iTunes

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。