CarpainterがBLACK SMOKERからMIX CDをリリース

K-BOMBなどを中心に、最近ではやけのはらや行松陽介、LIL' MOFOなどもリリースをおこなっている人気レーベルBLACK SMOKER RECORDSのミックスシリーズ70弾にTREKKIE TRAXに所属するプロデューサーCarpainterが登場することになった。

 

Carpainter
Carpainter

Taimei KawaiによるソロプロジェクトであるCarpainterはこれまで、自身の主宰するレーベルTREKKIE TRAXや、Maltine Recordsなどの国内の人気レーベルをはじめ、UKのL2SやNightwaveが主宰するHeka Traxなどの名門レーベルからもリリースをおこなってきたが、ミックスCDのリリースは今回が初めてとなる。

今回の作品『We Call It Future Garage』はCarpenterが傾倒してきたサブジャンルの1つであるFuture Garageをテーマにした内容となっている。

今回のリリースにあたりCarpainterがメールインタビューに答えてくれた。収録されている自身のトラックについては「今でこそ色々と変化していますが、Carpainterの名義は元々Future Garageを中心に活動していまして、その時期にリリースしたもの」とCarpainter名義そのものが、Future Garageがテーマにあったことを答えてくれた。

さらに「Future Garageは名前の通りUK Garageが進化した一つのジャンルですが、ただ単純に進化したというものではないと考えております。あらゆる他の要素を取り込みつつもその楽曲の最終的な扱いをあえてGarageとして括ることで、カオスでありながらも一貫性を感じさせられるという、私のFuture Garageに対する考えを感じてくれたら嬉しいです」とFuture GarageについてのCarpainter流の解釈を示してくれた。

最後に「自分は恥ずかしながら、お話をいただいた時には、BLACK SMOKERについてそれほど知っていませんでした。調べていくうちに、歴史あるレーベルだとわかったのですが、アンダーグラウンドなシーンを追い続けていた知り合いに本当に意外だという反応をされた時、初めて普通ではない面白い状況なんだという事を実感しました」とこの年代のアーティストとしては異例の抜擢となったBLACK SMOKERからのリリースという点についても率直な感想を答えてくれた。

CarpainterのミックスCD『We Call It Future Garage』は10/15にリリースされる。

<Release Info>

Carpainter

Carpainter / We Call It Future Garage

BLACK SMOKER RECORDS

10/15 Release

Time:62:18

artwork : matic-log

mastering : Takuya Nakamura

More Info http://blacksmoker.cart.fc2.com/ca454/400/p-r-s/

 

 

 

related

CarpainterとisagenがUKサウンドへのリスペクトを込めたコラボEPをリリース

TREKKIE TRAXに所属し普段から親交が深いCarpainterとisagenがコラボEPを、本日7/31(金)にリリースした。

ONJUICYとUtaeによるUKガラージな新曲”Space Ship 2094”がリリース | プロデュースはCarpainter

TREKKIE TRAXから、ONJUICYがUtaeをフィーチャリングに迎えた新曲"Space Ship 2094"を本日7/3(金)にリリースした。

COMPUMAが最新ミックスCD『Innervisions』をBlack Smoker Recordsからリリース

ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組での活動を経てDJとして活動し、近年は悪魔の沼の一員として各地を飛び回るCOMPUMAが、最新ミックスCD『Innervisions』を4月にBlack Smoker Recordsからリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。