PALMISTRYとENDGAME、ロンドンの今をときめくアーティストが同時に来日

サウンドクラッシュの祭典Red Bull Culture Clash、地元UKのEskimo DanceやUKG All Starsを押しのけて見事に優勝を果たしたのはアメリカ・NYを拠点にするレーベルMixpakだった。

 

MixpakにはボスのDre.Skullを筆頭にPopcaan、Vybz Kartelというダンスホールサウンドの中核を担うアーティストから、 MurloやDubbel Dutchといったオルタナティブな形でダンスホールを表現する気鋭のトラックメーカーが揃う。

そのMixpakの中でも一押しのアーティストは、今回来日を果たすプロデューサーのPalmistryだ。彼は自身のアルバム『Pagan』で、浮遊感漂うミニマルなダンスホール~R&Bサウンドを披露。それは、まさに今のムードを体現したものだった。Palmistryのスイートなボーカルを堪能できるライブセットは、現在の世界の音楽のトレンドど真ん中と言ってもいいだろう。

Palmistry
Palmistry

そしてもう1人、ロンドンの2016年のクラブシーンを賑わせているアーティストが来日を果たす。今夏、来日を果たしたKamixlo主宰するBala Clubのメンバーでもあり、Hyperdubとも契約したプロデューサーのEndgameだ。夏にHyperdubからリリースされた『Flesh EP』で、地底を彷徨うようなダーティーなサウンドで構成されたリディムを数々と披露。プロデューサーのMurloやFNMNLでも特集したSwing Tingに続く、ロンドンの注目プロデューサーの一人だ。

Endgame
Endgame

ロンドンとニューヨークで共振し、世界中に広がるネオ・ダンスホールを象徴するアーティストのPalmistryとEndgameを同時に体験できるパーティーは来月東京と神戸で開催される。

10/9に開催される東京公演『MDNT∵NOON』にはHabanero PosseのBINGO、K.W.A(MID∵DEF)、The Chopstick Killahz(Dozewell)、WRACK(Chemical Monsters)たちが出演。

前日の10/8に開催される神戸公演には、グライムプロデューサーのSlackkやFamous Enoの脇を固めた行松陽介をはじめZodiakやEciv_Takizumiらの面々が出揃った。

<Party Info>

Palmistry

MDNT∵NOON -PALMISTRY & ENDGAME JAPAN TOUR 東京 - presented by @_mid_def_

2016.10.9(SAT)

@SankeysTYO http://www.sankeystokyo.info/

OPEN: 22:00~ ENTRANCE: DOOR ¥3,500 W/F ¥3,000

GENRE: MIDDLE DEFINITION

<< Line Up >>

PALMISTRY (MIXPAK) [LIVE]

ENDGAME (HYPERDUB)

BINGO(HABANERO POSSE)

K.W.A(MID∵DEF)

行松陽介(Zone Unknown)

The Chopstick Killahz(Dozewell)

WRACK(CHEMICAL MONSTERS)

ecs x Steffen ¥oshiki (dos・ing)

K.A.N.T.A(KANTALAND) [LIVE SET]

Shioriy Bradshaw

TAKI184(MID∵DEF)

ワッツ'アップ(CUSTOMER)

BIGKINBOY

RYU GODA

DJ POIPOI(BBC AZN NETWORK)

Kaotic・D

Hiromi Tsuruta

#PALMISTRY #ENDGAME #MIXPAK #HYPERDUB #MIDDEF #SankeysTYO #MDNTNOON #MIDNITENOON #Dozewell #ケミモン #RAGEHELL

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。