ベルリンのクラブBerghainが文化的重要施設と裁判所で認められ、減税の対象に

テクノのメッカ、もしくは恐ろしく厳しいドアポリシーを持つクラブとして有名なベルリンのクラブBerghainが、文化的に重要な役割を担う場所として、減税の対象になった。

Berghainは娯楽産業としてのクラブから、文化的なイベントを開催する場所として分類され、低い税率が適用される。過去、Berghainは美術館やコンサート会場が支払う7%の税金を支払ってきたが、2009年にベルリンはBerghainに19%の税率を適用した。これは一般的な娯楽産業が支払う税率と同じ数字である。財務局は「Berghainにはステージもなければ、音楽的なパフォーマンスも、始まりも終わりもない」として、娯楽施設として扱うことを主張した。

この決定に対して、BerghainはDer Spiegel紙の記者で『Berlin club culture』の著者であるTobias Rappにレポート作成させ、クラブが一般的な娯楽施設ではなく、文化的な場所であることを主張した。

近年、Berghainはクラブイベントだけではなく、ハイカルチャーと呼ばれるようなイベントも開催している。クラシック音楽や、ターナー賞を受賞した写真家Wolfgang Tillmansのパフォーマンスや展示を行った。

ロンドンのクラブ音楽ファンたちは、ロンドンの行政区や警察がロンドンのクラブFabricを閉鎖させたことと、今回のベルリンの裁判所の決断は対照的な出来事であると、苦々しく思っているだろう。

via the Guardian

related

PalaceとベルリンのトップクラブBerghainがコラボ? スケートボードをリリース

UKの大人気ストリートブランドPalaceとベルリンのトップクラブで、テクノの総本山Berghainのコラボ?スケートボードがリリースされることになった。

Berghainをテーマにしたカードゲームが抗議を受けながらも予約受付開始

以前紹介したベルリンの名門クラブBerghainがテーマのカードゲームがついに発売開始のための準備が整った模様。しかし本家クラブBerghainが著作権を訴えて抗議。そのため『Berghain』を『Bergnain』へと名義を変更して発売する予定。

ベルリンの警察官が宴会で騒ぎすぎて駐留先のハンブルグから強制送還させられる

さすがパーティーのメッカ、ベルリンの警察官といったところだろうか。 警官たちの乱痴気騒ぎをMixmagが伝えている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。