DIC 川村記念美術館に『トゥオンブリー・ルーム』が開設

千葉県・佐倉市にあるDIC 川村記念美術館でアメリカ現代美術を代表する芸術家、サイ・トゥオンブリー専用の展示室『トゥオンブリー・ルーム』が開設されることになった。

トゥオンブリー
撮影:渡邉 修

DIC 川村記念美術館がトゥオンブリーのブロンズ彫刻を新たにコレクションに加えたことで、すでに収蔵していた絵画作品《無題》(1968 年)とあわせて展示することが可能となり『トゥオンブリー・ルーム』を常時開設することになったという。

新たにコレクションに加わった彫刻作品はトゥオンブリーにとっても極めて重要な作品として知られており、1966年に旧友エリザベス・ストークスに贈るため、木製の台座と石膏を材料として制作されたもの。

その後、1980-81年に2本の枝を追加、素材の脆弱さによる保存の問題もあり、1990年にエリザベスの希望を受け、作家は5点のブロンズに鋳造した。

トゥオンブリー
撮影:渡邉 修

『トゥオンブリー・ルーム』は9/3からDIC 川村記念美術館の2Fで一般公開されている。

<Info>

開館時間 9:30-17:00 (入館は 16:30 まで)

休館日 月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日に休館)

入館料 一般 1,000 円から、学生・65 歳以上 800 円から、小中高 600 円から (料金はご来館時の展示内容によって変わります)

所在地 DIC 川村記念美術館 千葉県佐倉市坂戸 631 代表電話 0120-498-130

http://kawamura-museum.dic.co.jp

 

 

related

コカ・コーラの新ブランド「トポチコ ハードセルツァー」の発売を記念したアート展示が渋谷で開催

コカ・コーラから発売された新感覚のアルコール入りスパークリングウォーター「トポチコ ハードセルツァー」によるアート展示『TOPO CHICO SHIBUYA ART GALLERY』が8/30(月)まで開催中だ。

Charli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetによるグループ展『B1(ultra)safe』がANAGRAで開催中

それぞれ東京を拠点に活動するアーティストCharli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetの4人によるグループ展『B1(ultra)safe』が、8/15(日)まで半蔵門・ANAGRAで開催中だ。

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。