Shintaroによる最新ルーティン動画シリーズ

2013年Red Bull Thre3Styleに初出場したShintaroは、史上最年少かつ開催国外DJ初となる世界制覇を成し遂げ、一気にその知名度を世界規模に広げた。ジャンルの枠を超えるボーダーレスな選曲とテクニカルなスクラッチで構成される彼のプレイスタイルは、ベルギー、ドイツ、オランダの主要7クラブを巡るヨーロッパツアーや台湾のビッグクラブでもオーディエンスを沸かせ続けている。

 

オリジナルなプレイでボーダーレスに活躍するShintaroが自身のFacebookページに最新のベースミュージックなどを用いたルーティン動画シリーズをアップしている。

約1か月前にアップされた『Play With Bangers』とタイトルが付けられた動画でShintaroは、RL Grimeの"Core"やOokayによる"Thief"や、Kanye WestのMercy (RL Grime & Salva Remix)、Skeptaの"Shutdown"を使用。普段クラブで間近で確かめることができない彼の緻密なテクニックと、クラブDJならではの選曲構成を楽しめる1分半の動画になっている。

 

また8月にアップされた『Practicing scratch on Sophie track』という動画で、ShintaroはSophieの"MSMSMSM"の上でストイックにスクラッチをおこなっている。

 

どちらの動画もテクニカルでありつつも、フロアでの爆発力やエンターテインメント性も意識したShintaroならではのルーティンになっている。この動画シリーズは今後も定期的にアップされる予定ということだ。

Shintaro Facebook Page : https://www.facebook.com/DJShintaroOfficial

RELATED

ヒップホップ黄金期を体験できるイベントが来週月曜日に緊急開催 | ヒップホップムービーの名作3作の無料上映も

9/16(月・祝)に東京・表参道ヒルズのスペース オーで、ヒップホップの黄金期である1990年代を体感できるイベント『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019 90s HIP HOP EXPERIENCE』が開催される。

SEEDAのアルバム『花と雨』を原案にした映画が公開決定

SEEDAが2006年に早逝した姉への思いを歌ったアルバムを原案にした映画『花と雨』が来年の1/17(金)より上映される。

映画史にその名を刻むパンク監督アレックス・コックスの作品を一挙上映する『アレックス・コックス映画祭』が開催

『レポマン』、『シド・アンド・ナンシー』で知られる映画監督アレックス・コックスの作品を一挙上映する『アレックス・コックス映画祭』が、9/14(土)から9/27(金)まで東京・新宿K’s cinemaで開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。