C.O.S.A. × KID FRESINOのWネームアルバムから"Swing at somewhere feat. コトリンゴ (Prod by jjj)"のミュージックビデオが公開

イベント『Diagonal』をきっかけに手を組んだC.O.S.A.とKID FRESINOがリリースしたWネームアルバム『Somewhere』は間違いなく今年の日本語ラップシーンを代表する1枚だ。初めて組んだとは思えないほどの相性の良さを感じさせる2人のコンビネーションは、KID FRESINOが「C.O.S.A.に出会って、素直に言葉で表現できるようになった」というくらい、お互いを進化させている。

 

リリースライブも各会場満員御礼、Summit主催のイベント『Avalanche 6』でも会場を沸かせた2人がシンガーのコトリンゴ(KIRINJI)を客演に迎えた"Swing at somewhere"のMusic Videoを完成させた。スインギンなサンプルを使用してソリッドでフレッシュなトラックをプロデュースしたのは盟友のjjj、ミュージックビデオはスタジオ石が制作している。

第1弾として公開されていた"LOVE"は、全編ニューヨークで撮影されたものであったが、今作は東京や京都など日本の様々な場所で撮影されている。都会の洒脱な風景のなかでも地に足のついた自分たちの感覚で生きる2人の姿が印象深いビデオに。タキシードから、カジュアルな服装と変わっていく2人のファッションにも注目だ。またフィーチャリングされているコトリンゴとプロデューサーのjjjも出演している。

アルバム制作開始時のインタビュー"LOVE"Release Liveのダイジェスト→"Swing at somewhere feat. コトリンゴ"と、公開されている動画を時系列的に追って見てみるのも良いかもしれない。

 

また同時にグッズもHPで販売開始されるのでこちらもぜひチェックしてほしい。

<Release Info>

Somewhere

C.O.S.A. × KID FRESINO
「Somewhere」
2016 年 7 月 20 日 発売
SMMT-75 / XQMV-1004 レーベル : SUMMIT
¥2,222+税

●トラックリスト
1. deal (Prod by KID FRESINO)
2. LOVE (Prod by jjj)
3. Route (Prod by RAMZA)
4. Swing at somewhere feat. コトリンゴ (Prod by jjj)
5. KDFS × COSA (Prod by OMSB)
6. Callin' (Prod by DJ GQ)
7. Hey Poobs (Prod by Gradis Nice)
8. Time Lost (Prod by VDon)
9. We On (Prod by jjj)
10. Close to you feat. PUNPEE (Prod by C.O.S.A.)

SUMMIT HP
http://www.summit2011.net/

C.O.S.A.

http://www.cosa-camorra.tumblr.com/

KID FRESINO(Dogear Records)
http://www.dogearrecordsxxxxxxxx.com/artists/kid-fresino/

コトリンゴ
http://kotringo.net/ktrng/index.html
https://natural-llc.com/kirinji/

related

SUMMITの10周年プレイリスト企画に石橋静河、三宅唱が登場

ヒップホップレーベルSUMMITが10周年を記念して展開しているプレイリストに、女優の石橋静河、映画監督の三宅唱が参加した。

SUMMIT10周年を記念した特番が放送決定 | 4組に分かれてクイズ対決

設立10周年を迎えたレーベルSUMMITの特番が、スペースシャワーTVで9/14(火)に放送される。

カネコアヤノとKID FRESINOがバンドセットでの2マンライブを開催

10/11(月)にUSEN STUDIO COASTにて、カネコアヤノとKID FRESINOが2マンライブを開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。