SpotifyがApple Musicと独占契約しているアーティストに対抗措置?

Spotify対Apple Musicのストリーミングサービスの覇権をめぐるバトルは留まることを知らずどんどんエスカレートしていく一方だ。それはアーティストにも影響を及ぼしているという。

 

SpotifyがApple Musicと独占契約しているアーティストに対する措置とは、簡単に言うとApple Musicと契約しているアーティストの新曲などを、Spotify内でユーザーが探しにくくするというものである。Apple Musicで独占配信をするアーティストの楽曲がApple Music内のみでストリーミング可能となった時点から、独占配信終了後もSpotify内でのプロモーションはされにくく、プレイリストなどに追加することもなかなかしてくれないという。またApple Musicと契約しているアーティストで、自分たちがSpotify検索エンジン上に出てこないと非難するアーティストも何人かいるようだが、Spotifyは検索結果についてはなにも変更を与えてないとクレームを否定している。

このSpotifyのApple Musicに対する報復ともいえる方策はかれこれ1年ほど続けられているようだが、実はApple MusicだけではなくJay Zが所有するTidalと独占配信の契約をしているアーティストも対象としているようだ。各サービスと契約しているアーティストの中には、Apple MusicはDrakeやKaty Perry、Frank Ocean、TidalにはRihannaやKanye West、 Beyonceなどがいる。

Drakeなどの大物アーティストなら新曲がSpotifyでフィーチャーされなかった程度で知名度に影響が出るようなことはないものの、駆け出しのアーティストにとってはこのSpotifyの方策は少し痛手となりえる。実際にあるシンガーソングライターは、DJ Zane Loweがパーソナリティーを務めるApple MusicのラジオステーションBeats Oneにて新曲を披露する予定だったが、Spotifyによるプロモーションを失うことを恐れて予定をキャンセルした。

Apple MusicやTIdalがユーザーに有料で独占配信などのサービスを楽しんでもらう体制をとる一方、Spotifyはその手法は音楽業界にとって害があると主張し続けている。各レコードレーベルはSpotifyが有料会員だけにアーティストの楽曲を提供するように説得しようとしているが、Spotifyはそれを承諾せず、無料サービスから入ることによって有料会員を増やしていこうという方針のようだ。(Ibuki Kasai)

related

国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』のSpotify公式プレイリストが公開

5月21日(土)、22日(日)に幕張メッセにて初開催されるヒップホップフェスティバル『POP YOURS』の公式プレイリストがSpotifyで本日3月3日(木)に公開された。

宇多田ヒカルが『BADモード』のCD発売に先駆け”Face My Fears (A. G. Cook Remix)”のMVを公開|Apple Music 1の看板番組『The Zane Lowe Show』に初出演

最新アルバム『BADモード』が国内配信ランキング1位のほか世界21カ国・地域で上位ランクインするなど大ヒット中の宇多田ヒカルが、2月23日(水)に発売するCDのボーナストラックで収録されている"Face My Fears (A. G. Cook Remix)"のMVを公開した。 https...

SpotifyとO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがネーミングライツ契約を締結

渋谷のライブハウスO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがSpotifyとネーミングライツ契約を結んだ。これにより12/1からSpotify O-EAST / Spotify O-WEST / Spotify O-Crest / Spotify O-nestにそれぞれ名称変更となる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。