Frank Oceanの『Blonde』と『Endless』はどれほどの売上をもたらしたのか?

Billboardによると、Frank Oceanの『Blonde』は2016年に発売されたアルバムのうち、
Drakeの『Views』、Beyonceの『Lemonade』につづく三番目のヒット作になりそうだ。

 

BillboardはFrank Oceanが『Blonde』と『Endless』でどれくらいの売上と利益を出したかを試算している。ちなみにビジュアル・アルバムの『Endless』はDef Jam/Universal Music Groupを通じてApple Music Videoストリーミングにて、『Blonde』はFrank OceanのレーベルBoys Don't Cryからデジタルリリースされた。

『Blonde』はこれまでのところ212万ドルを売上、その70%がFrank Oceanの元に入ってくると見られている。つまり23万2000枚のデジタル販売を通じて162万3000ドルを稼ぎ、6900万回のストリーミング再生で50万ドルの売上を手にした。

ディストリビューションや他のクレジットされているアーティストたちへの支払いを考慮に入れても、1週間で177万ドル(およそ1億8000万円)がFrank Oceanの元に入ってくる計算だ。

BillboardはそのほかにApple Musicでストリーミング公開された『Endless』の売上などを試算している。

via Billboard

related

Frank OceanやChance The Rapperが候補者討論会を受け大統領選の投票を呼びかける

アメリカでは今日、11月3日に控えた大統領選に向け、初となる大統領候補者のテレビ討論会が行われた。

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

Frank Oceanが『君の名前で僕を呼んで』などのルカ・グァダニーノ監督とのシークレットプロジェクトとしてMV制作に取り組んでいたことが判明

『君の名前で僕を呼んで』や『サスペリア』などで知られる映画監督ルカ・グァダニーノ。Kid Cudiが出演しBlood Orangeが音楽を手掛けるHBOのドラマシリーズ『We Are Who We Are』の放送も来月より予定している彼が、Frank Oceanとコラボしたプロジェクトを秘密裏に進めていたことが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。