Notorious B.I.Gにインスパイアされたコメディドラマが製作中

アメリカの放送局TBSがNotorious B.I.Gのリリックにインスパイアされたコメディドラマ『Think BIG』を製作していることを発表した。

文:辻本秀太郎

Notorious B.I.Gのリリックに基づいたものになっているこのドラマは、都心のスラム地区に住むティーンエイジャーが彼の娘と赤ん坊の未来のために奮闘する姿を描いている。

『Think BIG』はNotorious B.I.Gの死後20年にあたる来年2017年に放送が予定されている。Notorious B.I.Gはセカンドアルバムのリリース直前の1997年3月、ロサンゼルスにて銃撃事件により24歳の若さで暗殺されている。

ヒップホップは現在アメリカのドラマの人気テーマの一つになっており、昨年Foxが制作したギャングスタ・ライフを描いたドラマ『Empire』も成功を収めた。。

また『ムーラン・ルージュ』や『華麗なるギャッツビー』などでメガホンを取ったBaz Luhrmannが監督を務め、70年代のディスコ時代におけるヒップホップ誕生について描いたドラマ『The Get Down』がNetflixのオリジナルドラマとして公開されている。

Netflixによる『The Get Down』トレイラー映像は以下から視聴可能。

related

『日本沈没2020』よりスピンオフとして向井太一やDaichi Yamamotoなどが参加した"シズマヌキボウ"のMVが公開

7月16日に配信開始されたNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』。そのスピンオフ企画として制作された、オリジナル楽曲"シズマヌキボウ"のMVが公開となった。シズマヌキボウプロジェクトに関してはこちらで紹介している。

【コラム】ヒップホップシーンから新型コロナウイルスにまで影を落とす陰謀論の危険性

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、アメリカ人の3割が「ウイルスは研究所で人工的に作られたものである」という陰謀論を信じている、との調査結果が発表された。確かにウイルスの実際の出所にはまだ不確定な要素は多いものの、アメリカではトランプ大統領、日本では麻生財務大臣を始めとする国会議員やその支持者が新型コロナウイルスを発生源となった都市の名称で呼ぶなど、このような軽はずみな議論はレイシズムに繋がりかねない。

【レビュー】Childish Gambinoことドナルド・グローヴァーの出世作『コミ・カレ!』| 多様性を描くシットコム

2009年から2015年まで放映され、現在も根強いファンベースを持つ『コミ・カレ!』(原題、Community)が4/1からNetflixで配信され、「世界(のとくにヒップホップ・ファン)がガッツポーズをした」状態になっている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。