iTunes Matchの楽曲マッチング機能が改善へ

今までクレームの絶えなかったApple Musicライブラリー、iTunes Matchの楽曲マッチング機能がやっとAppleによって改善された。

文 : Ibuki Kasai

iTunes Match機能はiTunes Storeから購入した曲やCDからインポートした曲を、iCloudライブラリと同期させ保存し、他のデバイスからも自分のミュージックライブラリを利用することができるというものである。Apple Music内のApple Musicライブラリーもこれと似た機能で、今までAppleは正確性に欠けるメタデータによる同期システムを使用しており、インポートした曲がそのライブバージョンのトラックとして誤変換されてしまったりという問題が生じていた。今回のマッチング機能の改良ではこの同期システムにオーディオ・フィンガープリントでトラックのデータ処理をするアルゴリズムを用いており、そういった問題を改善している。

今までに間違って保存されてしまったオーディオトラックも新しいマッチングシステムによって再同期することも可能なようだ。また、この機能はすでにダウンロードされたトラックは削除せずキープするため、曲がいつの間にか消えてしまうという心配もない。

iTunes MatchとApple Musicは別々のサービスで、両方とも有料サービスだが、今後は全てのApple Music加入者は追加料金を払うことなく新しいiTunes Match機能を使えるとのこと。すでにiTunes Matchを持っているユーザーにとってはあまり大きな変化はないが、持っていないApple Musicユーザーはこの新しいシステムが開始されたら自分のiTunesのiCloudステイタスの欄に「Matched」と表示されるようになる。

また、この新しいマッチング機能は毎日1~2%ずつ利用可能なユーザーを増やしているため、まだ全てのユーザーが完全にアップグレードされるには時間がかかるかもしれないが、システムの更新は開始されている。

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

AppleがLogic Pro Xの90日間無料トライアルを提供

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う自宅待機を余儀なくされている人々のため、Appleが音楽製作ソフトLogic Pro Xの90日間限定無料トライアルを提供することを発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。