針金やテグスなどを用いたインスタレーションで知られる中沢研の個展が開催中

アンドーギャラリー(東京都江東区平野)で針金やテグスなど視覚的ヴォリュームが希薄な素材を用い、展示空間に呼応したインスタレーションを制作する作家、中沢研の個展が8/6まで開催されている。

本展では「足」と題された新作インスタレーションが発表されている。これは長さ1mほどの木の棒と鉄材を組み合わせたほぼ同型のオブジェが47体、ゆるやかな規則性を持って空間に配置されている作品で、淡いグレーにペイントされた廃材のような木の棒を、2組もしくは3組のコの字型の鉄材が高さ30cmの位置で支えており、これがオブジェの基本単位となっている。

近年の作品にたびたび登場するコの字型の鉄材は、観る者によって人型(ひとがた)を想起させる。「人型」という意識を持って作品と向き合えば、さまざまなイメージが頭に浮かんでくる。そして今度は、水平方向に配置された木の棒に視点を移してみると、たちまち違う景色が立ち現れてくる。中沢にとって重要なのは、オブジェがそこに置かれることによって変容する空間であり、意識なのである。

中沢研

<Event Info>

会期:2016年6月7日 (火) - 8月6日 (土)
   日・月・祝日休
開廊時間:11:00-19:00
会場:アンドーギャラリー
135-0023 東京都江東区平野3-3-6
tel. 03-5620-2165  fax. 03-5620-2166
e-mail:office@andogallery.co.jp
URL:http://www.andogallery.co.jp

 

related

コカ・コーラの新ブランド「トポチコ ハードセルツァー」の発売を記念したアート展示が渋谷で開催

コカ・コーラから発売された新感覚のアルコール入りスパークリングウォーター「トポチコ ハードセルツァー」によるアート展示『TOPO CHICO SHIBUYA ART GALLERY』が8/30(月)まで開催中だ。

Charli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetによるグループ展『B1(ultra)safe』がANAGRAで開催中

それぞれ東京を拠点に活動するアーティストCharli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetの4人によるグループ展『B1(ultra)safe』が、8/15(日)まで半蔵門・ANAGRAで開催中だ。

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。