次世代ラップシーンの注目株Pollàriのデビューアルバム『lil llàri world』

Lil Uzi VertやLil Yachty、Playboi Carti、Famous Dex、21 Savageと続々と新たなスターを生み出している今年のラップシーン。彼らの用いたクラウドラップ以降ともいえる浮遊感のあるサウンドが浸透しているが、そんなサウンドを武器にした新進ラッパーPollàriによるデビューアルバム『lil llàri world』がSoundcloudで公開された。

アトランタ出身のPollàriは自身をどのレーベルとも契約していないビッグなインターネットラッパーと述べているが、今回のアルバムもその名に違わぬ、豪華なメンツのサポートを集めていて、自身のデビューミックステープ『August 26』もヒット中のPost Maloneや新たなムーブメントの中心にいるラッパーLil Yachty、インターネットシーンで高い評価を集めているビートメーカーMisogi、808サウンドの申し子Lex Lugerが参加している。

Pollàriは独特なくせになるフロウとバキッとしつつもメロウ感のあるメロディーのトラックが今年のムードが漂う作品と言って間違いないだろう。ストリームは下記から。

RELATED

Lil Yachtyが高級レストランのメニューが気に入らずUber Eatsでマクドナルドをその場でオーダー

Lil Yachtyといえばデビュー当時はピザしか食べないとのたまうなど、偏食家として知られているが、高級レストランといえども彼の舌を満足させるのは中々に困難なようだ。

Post Maloneがカントリーファンからの批判を受けるLil Nas Xを擁護

先日、ついにBillboardシングルチャートで7週連続となる1位を獲得したLil Nas Xの“Old Town Road”。フィーチャリングで楽曲に参加してくれたBilly Ray Cyrusにマセラティをプレゼントするなど、夢のようなサクセスストーリーを歩み続けている彼だが、楽曲のヒット当初にカントリーチャートから除外されたことをはじめ、元来のカントリーファンから批判を受けていることも事実だ。そんな中、TMZの取材を受けたPost MaloneがLil Nas Xを擁護する発言をしている。

Post Maloneが自身のマリファナブランド「Shaboink」を設立か

アメリカでマリファナの合法化が進み、ビジネスの一大分野となった昨今。アーティストがマリファナビジネスに進出することも珍しくなくなったが、なんとPost maloneが自身のマリファナブランドを立ち上げようとしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。