Boiler Roomが差別的なコメントを監視へ

Boiler Roomは今後、コメント欄に書き込まれる差別的な発言を根絶していく考えを示した。

今回の動きの発端は、DJのNIghtwaveが6月29日に行われたパリのイベントの際に、彼女のコメント欄に性差別的な発言がなされていたことを受け、これに対しTwitterで声を上げたことからだ。

これに対し、Boiler RoomのアカウントはすぐさまNightwaveを擁護する形で、今後はライブストリーミングの際にコメント欄を監視する役を雇っていく、と発言した。

 

Boiler Roomの主催者でプログラマーのGabriel Szatanは、今回の件に対しwebメディア、FACTへのコメントで
「我々は、ミックスや曲など音楽に対する批判を禁止するなどということはできない。しかし、不快な性差別や人種差別的な発言は見逃しておくわけにはいかない。いまはどのようにしてそれらの発言を監視するのかについて検討中である。簡単なことではないだろうが、ここは譲れない点である。アンダーグラウンドで最も大きなライブストリーミング会社としてとしてそれに挑戦しなくてはならないし、我々にはそれをリードしていく責任があると考えている」と語っている。

Via Fact

RELATED

渋谷Contactが店内での痴漢行為に対する声明を発表

昨日紹介した、クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求める」署名。

クラブ内にアンチハラスメントのステイトメントの掲示を求める署名がスタート

署名サイトchange.org内にて「クラブと音楽を誰もが楽しむために、クラブ内におけるアンチハラスメントのステイトメントを表明/提示することを求める」署名がスタートしている。

Peggy Gouが音楽における性差別について「私自身が上手くやることが一番の復讐」と語る

EDC JAPAN 2019への出演も決定している韓国出身のDJ/プロデューサーPeggy Gou。そんな彼女がインタビューの中で、音楽業界における性差別の問題との向き合い方を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。