NASAの火星での暮らしを喚起するポスターシリーズ

2025年には火星への人間の初上陸がなされるかもしれないという、未来が近づいてきたと感じさせるニュースが今年初頭にもたらされたが、NASAが10年後の火星と月での移住生活を喚起させるポスターのシリーズを公開した。

NASAの考える2025年の火星での生活

このポスターのシリーズでは、火星移住者求むといったまるで求人のような内容のものや実際に宇宙服を着てロボット共に火星の月で働いている人の姿や、火星での農業の様子などが描かれている。

NASA
Image Via NASA

 

NASA
Image Via NASA

 

NASA
Image VIa NASA

NASA
Image Via NASA

 

実際にこれらはSF小説や映画の想像のレベルを超えてはいないが、そういった未来図をNASAが実際に描いてみせたというのにワクワクしてこないだろうか。これらのポスターはホームページからダウンロードできる。

related

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

アーティストユニットMESによる個展『DISTANCE OF RESISTANCE/抵抗の距離』が代々木TOHにて開催

渋谷Contactの「ソーシャルディスタンスアート」を手がけたことも話題を呼ぶなど活躍をみせる新井健と谷川果菜絵によるアーティストデュオMESが、4年ぶりとなる個展『DISTANCE OF RESISTANCE/抵抗の距離』を代々木のアートスペースTOHにて開催する。

グラフィックデザイナーのD.O.X.によるプロジェクト「CAUSE AND EFFECT」のアーカイヴ展がgallery communeで開催

自身でもブランドを運営し、また国内外のブランドへのグラフィック提供や数多くのユニットとしても活動する東京在住のグラフィックデザイナーD.O.X.。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。