Flumeの最新作『Skin』の全貌が明らかに!Tove Loとのコラボ曲も同時公開!

オーストラリア出身のビートメイカーFlume(フルーム)の最新アルバム『Skin(スキン)』の詳細、全トラックリスト及び参加アーティストが明らかとなった。それに伴い、Tove Loをフィーチャーした最新トラックも公開。

豪華ゲスト参加のFlume最新作『Skin』の全容

今年5月27日にリリース予定の本アルバムには、最近コラボ楽曲が一般公開されたばかりのAlunaGeorgeをはじめ、Beck, Raekwon, Vince Staples, Vic Mensa, Little Dragon, AlunaGeorge, Allan Kingdom等多数のアーティストがゲスト参加している。また、今回のアルバム詳細発表と共に、スウェーデンの大ヒットシンガーTove Loとの"Say It"が英BBCのラジオ番組にて初公開された。

 

この他、カナダ人シンガーKaiをフィーチャーした"Never Be Like You"、Vince StaplesとKučkaとの"Smoke and Retribution"、そしてインストゥルメンタルの"Wall Fuck"(Free Download)を先行リリースしており、すべて最新アルバムに収録される予定である。

Flume - 『Skin』

artworks-000141876959-zrraqi-t500x500

Label:Trangressive/Mom&Pop/Future Classic

Release Date: 2016/05/27

Tracklist:

01. Helix

02. Never Be Like You [ft. Kai]

03. Lose It [ft. Vic Mensa]

04. Numb & Getting Colder [ft. Kučka]

05. Say It [ft. Tove Lo]

06. Wall Fuck

07. Pika

08. Smoke & Retribution [ft. Vince Staples & Kučka]

09. 3

10. When Everything Was New

11. You Know [ft. Allan Kingdom & Raekwon]

12. Take a Chance [ft. Little Dragon]

13. Innocence [ft. AlunaGeorge]

14. Like Water [ft. MNDR]

15. Free

16. Tiny Cities [ft. Beck]

 

<iframe src="//tools.applemusic.com/embed/v1/album/1103663314?country=jp&at=1001ls5V&ct=1001ls5V" height="500px" width="100%" frameborder="0"></iframe>

related

「25歳以下の音楽ファンの内15%がアルバムを通して聴いたことがない」とする調査結果が発表

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になり、プレイリストや楽曲単位での聴き方が主流となりつつある昨今。それに伴いアルバム単位で音楽を聴く人が減ったとの意見も頻繁に見られるが、今回、若いリスナーがどのように音楽を聴いているかを調査した結果が発表された。

【ミニインタビュー】Flume | 常に次のものを求める

昨年リリースしたアルバム『Skin』が多くのライバルを抑えグラミー賞最優秀エレクトロニック・ダンス・アルバム賞を受賞したオーストラリア出身のプロデューサー。その優雅で壮大でメロディックなサウンドはいわゆるフューチャーベースの先駆けとも言われているが、本人は自らが作り上げてしまったジャンルに留まるつもりもなく、日々独創的なサウンドへのチャレンジを続けている。

R&B・フューチャーソウルの新たな流れを紹介するコンピレーション『Fresh RnB』がリリース

イギリスのBBCが毎年発表している、注目の新人アーティストリストSound of 2017でも、約半数をアーバン・アーティストが占めるなど、ますますフューチャー・ソウル/R&Bシーンが世界的な盛り上がりを見せている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。