トラップシーンのトップクリエイターRL Grimeの2年ぶりの新曲”Aurora”が公開

昨年10/31のハロウィンに恒例となった『ハロウィンミックス』をリリースして以来、なんの曲もリリースしてこなかった、RL Grime。突如として本日自身のFacebookページで”Aurora”と名付けられた新曲のオーディオとビジュアルを公開した。

この曲は歯切れのいいドラムサウンドとダイナミックで壮大な空気感をもったRLらしいスケールの大きいトラックとなっていて、2014年にリリースされたアルバム『Void』以降オリジナルチューンがリリースされてこなかった彼の久しぶりのオリジナル曲である。今後この曲を端緒に新しい作品がリリースされていくのかトラップファンならずとも気が気でないだろう。新曲”Aurora”は下記からチェックできる。

 

related

話題の72歳のトラップビートメイカーが自身のプロデューサーキャリアについて語る

先日、72歳でトラップのビートを作っているとして大きな話題になったビートメイカーのArthur Dubois。彼を紹介したツイートは大きな話題を呼び、多くのメディアに紹介されるなどArthurは一気に日の目を浴びることとなった。そんな彼は今回、Rolling Stoneのインタビューに登場。自身のビートメイカーとしてのキャリアについて語っている。

72歳でトラップを作っているビートメイカーの男性が発見される

今やヒップホップのメインストリームとなり、世界中のチャートを席巻しているトラップミュージック。アトランタで生まれたこのジャンルは若い世代のアーティストが多いが、なんと72歳にしてトラップを作っているプロデューサーが存在するようだ。

RL Grimeが6月に来日公演を開催

LAを拠点とするプロデューサーでEDMトラップシーンの立役者の1人であるRL Grimeが、6/8(金)に新木場・agehaで開催されるイベント『World Class』に出演する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。