Buju Banton

Buju Bantonがダンスホールレゲエがメインストリームの音楽にならない理由について語る

言わずと知れたダンスホールのレジェンドであり、先日リリースされたdvsnのアルバム『A Musi In Her Feelings』収録の“Dangerous City”にも参加していたBuju Banton。そんな彼が、ダンスホールが未だにメインストリームの音楽になっていない理由について語っている。

Buju Bantonが同性愛者差別として批判されてきた自身の代表曲“Boom Bye Bye”をアーティストカタログから削除

レゲエのビッグネームBuju Bantonのクラシック“Boom Bye Bye”が、彼のアーティストカタログから削除されたことが明らかになった。