【文字と香りと流行病と No.01(Total No.03)】五所純子

疫病が順ぐりに都市をまわり、やがて過疎地にも少数民族の村にもまわって、世界のすみずみまで行き渡った。