トム・クルーズ

トム・クルーズがホワイトハウス、CIA、麻薬王をはめた実在の人物を演じる『バリー・シール/アメリカをはめた男』の予告編が公開

トランス・ワールド航空社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAから極秘ミッションのパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物=バリー・シールの生涯を描く映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』の予告編が公開された。

トム・クルーズが最高に「ぶっ飛んでいる男」に挑む『バリー・シール/アメリカをはめた男』が公開決定

トム・クルーズが1970年代、トランス・ワールド航空社の敏腕パイロットからCIAエージェントとなり、さらに天才的な麻薬の運び屋でもあった実在の人物=バリー・シールを演じる映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』(原題『BARRY SEAL』)の公開が決定した。