DJ KRUSHが4年ぶりのアルバム『再生 -Saisei-』を今月リリース | Jinmenusagi、鎮座DOPENESS、D.Oが参加

DJ KRUSHが、最新アルバム『再生 -Saisei-』を2/21(水)にリリースする。

『再生 -Saisei-』は、前作『TRICKSTER』から4年、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの中で自身と向き合い、研ぎ澄まし、乗り越えた、独立後初となるアルバム。2024年、DJ KRUSHが独立を機に「再生」し、「再生」を繰り返しながら未来を切り拓く、そんな作品に仕上がっている。

客演にはJinmenusagi、鎮座DOPENESS、D.Oが参加している。また、DJ KRUSHはリリース日となる2/21(水)からヨーロッパツアーを開始する。 

Info

Artist: DJ KRUSH(ディージェイ・クラッシュ)

Title: 再生 -Saisei-(サイセイ)

Label: DJ KRUSH RECORDINGS

Release Date: 2024年2月21日(水)

Format: Digital(Download/Streaming)

URLs : https://djkrush.lnk.to/saisei

Tracklist

1. 玄視界 -Genshikai-

2. 想翔花 -Soushouka-

3. 遊暮 -Yugure- feat. D.O

4. 奇迷 -Kimei-

5. 闇幻影 -Yamigenei-

6. 憂望 -Yubou-

7. 志遠 -Shien-

8. 合流 -Gouryu- feat. 鎮座DOPENESS 

9. 躍進路 -Yakushinro-

10. 命流響 -Meiryukyou-

11. 破魔矢 -Hamaya- feat. Jinmenusagi

12. 飛明舞 -Himeibu-

13. 凛撃 -Ringeki-

Produced by DJ KRUSH

Mixed & Mastered by yasu2000 at big turtle STUDIOS

Artist & Cover Photos by cherry chill will.

Art Direction & Designed by SENGO 

RELATED

DJ KRUSHが志人、ralph、JUMADIBAを迎えた『道 -STORY-』をリリース | 全国ツアーも開催

DJ KRUSHが客演に志人、ralph、JUMADIBAを迎えた『道 -STORY-』を12インチとデジタルでリリースした。

DJ KRUSHが「STORY/道」をコンセプトにしたシリーズ第一弾のリリースを発表|志人、ralph、JUMADIBAが参加

DJ KRUSHがソロ活動30周年となる今年、「STORY/道」をコンセプトに国内外のアーティストを招いたシリーズを開始。志人、ralph、JUMADIBAを客演に迎えた第一弾12インチを4月23日(土)RECORD STORE DAYにリリースする。 

『Red Bull 64 Bars』シーズン3の最終回でMummy-DとDJ KRUSHのコラボレーションが実現

キュレーターの選んだラッパーが、同じくキュレーターの選んだトラックメイカー/プロデューサーのオリジナルトラックで、文字通り“64小節”のラップをレコーディングし、その模様をアンカット(一発撮り)の映像に収めるHIP-HOP映像シリーズ『Red Bull 64 Bars』。日本語ラップのパイオニアZeebraを迎えたシーズン1、ANARCHYがキュレーターを務めたシーズン2に続く。キャリア30年以上のヒップホップグループ、RHYMESTERのMCであるMummy-Dが全10エピソードのキュレーションを担当したシーズン3の最終回となるエピソード10が本日公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。