【オフィシャルレポート】IO One Man Live『four Show』| 『Billboard Live Tour 2024』も開催決定

IOが4作目のアルバム『four』を引っ提げたワンマンライブ『four Show』を、Zepp DiverCityにて開催。即完となっていた会場には満員の2,400人が来場。当日はABEMAでの配信も行われた。

またIOは5月より東京•横浜•大阪のBillboard Liveにて『Billboard Live Tour 2024』を開催することが発表となった。こちらは最速抽選先行が2月21日(水)10時より行われる。

ここからは渡辺志保によるライブレポートをお届けする。

2023年11月に発表した4thアルバム『four』を提げて全国ツアーを行なってきたIOが、ツアーを締めくくるべく『four Show』と題したワンマン・ライブをZepp DiverCityにて行った。自身としては最大規模となる単独公演だ。

まず客席に響き渡ったのはMELRAWによるギターのサウンド。ゆっくりと舞台の幕が開いていき、なんとステージ上に登場したのは、ガードレールや街頭、フェンスや電話BOXが佇むフォンブースといった大掛かりなセット。IOへの歓声が高まる中、スモークの奥からゆっくりと本人が現れる。ギターの余韻を残しながらマイクスタンドを片手に一曲目の"Sequence"が始まり、いよいよライブの本編がスタートした。前半は、最新アルバム『four』の楽曲を中心にグイグイと客席の温度をを温めていく。続く"Honto"ではWatsonが加わり、"左利きのBenz"、注目の新鋭ラッパーであるKohjiyaを迎えた"Racin’"、"AMIRI DENIM"が続き、都度客席からもリリックを熱唱するレスポンスが。セットの中に紛れていた$MOKE OGが"Raise"に加わる演出も粋だった。2ndアルバム『Mood Blue』からの"Notis"を皮切りに、ステージの雰囲気に変化が訪れる。荒田洸がドラマーとしてステージに加わり、ソウルフルにドラムの音を打ちつけていく。一瞬の静寂の後、インプロビゼーション的なフリースタイル・セッションを楽しむかのように初期の代表曲"Dig 2 Me"、そして"Pursus"へ。ここで、昨年3月に終演を迎えたKANDYTOWNから最初の刺客、DIANが登場し、オーディエンスの熱気はさらに増していく。

photo by cherrychillwill.

興奮の熱を繋いでいくかのように、続く"Your Breeze"ではYo-Seaが参加。割れんばかりの歓声を浴びながらヴァースを歌いきり、舞台のセット上にGottzの姿が加わる。そのまま三者で"Sunset"を披露し、客席からの合唱の声も最大級に。"Last Week(remix)"のイントロが流れMUDも登場すると、さらにオーディエンスも盛り上がり、自然に跳ねながらの大合唱モーメントが生まれた。

その盛り上がりをクールダウンさせるかのごとく、雨音のSEとともにDJ KORKによるインターバルへと移る。ジャジー&チルなムードの中、"6 In Da Morning"へ。ゲストのJin Doggは、なんとステージ脇に設置された電話BOXのセットの中から登場し、観客を驚かせつつも圧巻のヴォーカルを聴かせた。同時に、サックスを携えたMELRAWもステージに登場し、より色濃いムードを作り上げていく。改めて、ステージ上にはキーボードの宮川純、ドラムの荒田洸、そしてギター/サックスのMELRAWといったバンドメンバーが勢揃いし、楽曲のビートはさらに芳醇なものに。そのまま"Mood Blue"が奏でられ、贅沢なトリオ・セッションを聴かせる。バンドのノリも最高な中、"Kidy"へと続き、"Curtain Call"のリリックを織り交ぜたアレンジで楽しませていった。ドラマチックなピアノソロに続くのは"Tokyo Freeway"。満を持してKEIJUが登場し、客席の一体感もさらに高まっていく。鍵盤の音が印象的なアレンジの"Faded"や"Bill."では成熟したIOの魅力を存分に感じさせ、続くDJ KANJI名義の楽曲"Lowkey"ではMALIYAと3Houseも加わり、ライブにロマンチックでセンシュアスなムードを添えた。

間髪入れずにDJブースから流れてきたのは、DJ TATSUKIが放ったアンセム、"TOKYO KIDS"のイントロ。「TOKYO!」とIOがシャウトし、MonyHorseも加わって、再度会場はパーティーの雰囲気に。続いて同コラボによる新曲(タイトル未定)がサプライズ披露され、アグレッシブに畳み掛けるラップを披露した。

真っ赤な照明へと変わり、"R.T.N"のイントロと共にRyohu、MASATO、Dony Joint、BSCの面々がステージへ登場する。客席の奥まで一斉にオーディエンスの手が上った。DJブースにもメンバーが溢れ、「KANDYTOWN FOR LIFE!」とシャウトし、KEIJU、Holly Q、Gottzと共に"You Came Back"へ。馴染みのグルーブ感がステージを包んだ後、ライブはいよいよクライマックスへ。90分を超えるステージのエピローグを飾ったのは、1stアルバム『Soul Long』からの"City Never Sleep"。哀愁漂う流麗なストリングスが飾るビートとIOのライムが、彼からの置き手紙となった。

2016年のソロ・デビューから実に8年が経過し、今や多くのフォロワーを熱狂させる、カリスマMCとしての覚悟と余裕が漂うパフォーマンスだった。また、総合演出を務める山田健人による近年のHIP HOPにおけるライブ演出とは一線を画すストリートを模したセットも、これまでIOがレプリゼントしてきた、そしてルーツとしてきた東京のHIP HOPのヴァイブスを伝えるのには打ってつけの演出であり、シネマティックな感動すら覚えた。雑踏のSEと共に舞台を去るIO。最後の余韻まで計算され尽くした贅沢なステージだった。

Info

「Billboard Live Tour 2024」最速抽選先行

期間:2月21日(水) 10:00~3月3日(日) 23:59 (※抽選)

URL:https://eplus.jp/io-bbl/

公演概要

開催日時:

ビルボードライブ大阪

5月5日(日) 1stステージ 開場16:00 開演17:00 / 2ndステージ 開場19:00 開演20:00

ビルボードライブ横浜

5月16日(木) 1stステージ 開場17:00 開演18:00 / 2ndステージ 開場20:00 開演21:00

ビルボードライブ東京

6月4日(火) 1stステージ 開場17:00 開演18:00 / 2ndステージ 開場20:00 開演21:00

チケットスケジュール:

最速抽選先行=2024/2/21(水)10:00~3/3(日)23:59|抽選 (e+)https://eplus.jp/io-bbl/

Club BBL会員先行=2024/3/15(金)正午12:00|先着(BBL)

一般予約受付開始=2024/3/22(金)正午12:00|先着(BBL/ぴあ/e+)

4th Album『four』

視聴URL:https://umj.lnk.to/io_fourPR 

One Man Live「four Show」概要

開催日:1月25日(木)

会場:Zepp DiverCity

Set List:

M1.Sequence

M2.Honto feat.Watson

M3.左利きのBenz

M4.Racin’ feat.Kohjiya

M5.AMIRI DENIM

M6.Raise feat.$MOKE OG

M7.Notis

M8.Dig 2 Me

M9.Pursus feat.DIAN

M10.Your Breeze feat.Yo-Sea

M11. Gottz  - Sunset feat.IO, Yo-Sea

M12.Last Week (Remix)feat.Gottz, MUD

M13.6 In Da Morning feat.Jin Dogg, MELRAW

M14.Mood Blue

M15.Kidy

M16.Tokyo Freeway feat.KEIJU

M17.Faded

M18.Bill.

M19.DJ KANJI – Lowkey feat.MALIYA, 3House & IO

M20.DJ TATSUKI - TOKYO KIDS feat.IO, MonyHorse

M21.DJ TATSUKI – unreleased feat.IO, MonyHorse (※新曲・タイトル未定)

M22.R.T.N feat.Ryohu, IO, MASATO, Dony Joint, BSC

M23.You Came Back feat. KEIJU, IO, Holly Q, Gottz

M24.City Never Sleep

Musician:MELRAW(SAX, Gt), 荒田洸(Dr), 宮川純(Key), KORK(DJ, MP), Minnesotah(autotune)

Producer:Kento Yamada

配信チャンネル:

ABEMA HIPHOPch https://abe.ma/3SuxQ1C

ABEMAプレミアム https://abe.ma/3SjvrXt

RELATED

IOが2019年にリリースした3rd アルバム『Player’s Ballad.』が待望のアナログ化

4thアルバム『four』のリリースや先日開催された東京Zepp DiverCityでのワンマンライブ『four Show』も大きな話題となったIO。

【インタビュー】IO 『four』| 昨日の自分よりいい曲を作りたい

今年KANDYTOWNの終演という大きな節目を迎えたIOが、ソロアルバム『four』を11月にサプライズリリースした。

【ライブレポート】『スチャダラパー & STUTS Presents "That's the Joint”』| これぞジョイントなスペシャルな一夜

スチャダラパーとSTUTSが12月9日に東京・LIQUIDROOMでジョイントライブ『スチャダラパー & STUTS Presents “That's the Joint”』を開催した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。