LEXがアルバム『King Of Everything』からタイトル曲のミュージックビデオを公開 | CDやマーチャンダイズも発売

LEXが最新アルバム『King Of Everything』から、タイトル曲のミュージックビデオを本日2/21(火)の20時にプレミア公開する。

VLOTをはじめ4人のプロデューサーが共同制作し、曲が3回転調する”King Of Everyhthing”のミュージックビデオは、LEXの”GOLD”や”なんでも言っちゃって”なども手掛けている映像作家のMESSが監督を務めた。

またアルバム『King Of Everything』のCDが3/22(水)にタワーレコードとLEXのオンラインストアにて数量限定で販売される。LEXにとって初の全国流通盤となる『King Of Everything』は、タワーレコードのアーティストプッシュ企画タワレコメンに選出され、タワーレコードでは『King Of Everything』のポスター(B2サイズ)が限定特典としてゲットできる。

オンラインストアでは、CDのほか、Tシャツとパーカーも受注生産にて販売される。

Info

LEX - King Of Everything
CD : 3/22発売(タワーレコードとLEXオンラインストアにて数量限定)
配信 : https://lexzx.lnk.to/KingOfEverything (配信中)

Tracklist:
1. GOD (produced by 1bula)
2. King Of Everything (produced by VLOT, MrOffbeat, kaaj & evanmoitoso)
3. Killer Queen (produced by Trippop)
4. Busy, Busy, Busy (feat. Only U) (produced by june)
5. 金パンパンのジーンズ (feat. Young Coco & JP THE WAVY)
6. READYMADE (feat. Leon Fanourakis) (produced by k4stet)
7. 1/3 (feat. Kid Trunks)
8. Hertz (feat. Matt Ox)
9. Move (feat. ShowyVICTOR) (produced by DJ JAM)
10. LOVE PISTOL (feat. Young Dalu) (produced by FOUX)
11. Strength blindness (feat. Only U) (produced by Dee B)
12. Come To My World (feat. BEXEY) (produced by Carlitos Willis)
13. This is me
14. 大金持ちのあなたと貧乏な私 (produced by In Bloom)
15. If You Forget Me (produced by eeryskies & Arcane)
16. Need It (produced by Kevin Jacoutot)
17. 庭の花 (produced by prodkult)

RELATED

LEXとLANAがコラボ曲"明るい部屋"をリリース | プロデュースはSTUTS on the WAVE

湘南出身の天才兄妹LEXとLANAが、コラボレーション楽曲”明るい部屋”を明後日4/10(水)にリリースする。

5lackがニューアルバム『report』をリリース | "5xL Feat. LEX"のMVが公開

5lackが最新アルバム『report』を本日リリースした。

『POP YOURS』が第一弾アーティストとしてヘッドライナーのLEX、Tohjiをはじめ30組のラインナップを発表

5月18日(土)と5月19日(日)に千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催されるヒップホップフェスティバル『POP YOURS』の第一弾アーティストラインナップが発表された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。