数々のパーティーをメイクしてきた『Erection』の15周年パーティーが12月に開催 | Daichi Yamamoto、FNCYなどがライブ、PUNPEEやKM、okadada、髙城晶平などがDJで出演

2007年に代官山SALOONで初開催された『Erection』の15周年を記念したパーティーが、12/29(木)にSpotify O-EAST / 東間屋で開催する。

『Erection』はSALOONを皮切りにUNIT、恵比寿ガーデンホール、O-EAST、京都、福岡、鳥取での開催や、自由が丘の入場無料のブロックパーティー、映画のポスターシリーズの3マン企画など、数々のパーティーをメイクしてきた。今回もライブとDJで『Erection』に所縁の深いラインナップが登場する。

前売りチケット購入者にはshakke-n-wardaaによるMIXのダウンロードコード付きのfkirts / Erection  -15th Anniversary Party-  ZINEがプレゼントされる。チケットの先行抽選は11/29(火) 21時から受付開始となる。

Info

Erection -15th Anniversary Party-
12/29(THU) at Spotify O-EAST / 東間屋

OPEN/START : 22:00

ADV 5,000円 ( 前売り特典 : fkirts / Erection -15th Anniversary Party- ZINE )
DOOR 5,500円

先行抽選 11/29(火) 21:00 〜 12/3(土) 23:59
一般販売 12/10(土) 10:00 〜 12/28(水) 23:59

URL:https://w.pia.jp/t/erection-15th/

※前売りチケットが完売した場合は当日券の販売はございません。
※YOU MUST BE OVER 20 YEAR OLD WITH PHOTO ID TO ENTER!
20歳未満の方のご入場はお断りしております。入店時に確認させて頂きますので、
必ず写真付き身分証明書をお持ち下さい。

LINEUP - A to Z -

【O-EAST】
LIVE:
Daichi Yamamoto
FNCY (ZEN-LA-ROCK / G.RINA / 鎮座DOPENESS)
思い出野郎Aチーム
鶴岡龍

DJ:
髙城 晶平 (cero)
KM
PUNPEE
shakke-n-wardaa
やけのはら

【O-EAST 3F】
DJ:
asuka ando
原島“ど真ん中”宙芳
クボタタケシ
SEX山口
SHOTA-LOW (lit)
VIDEOTAPEMUSIC
YAYA子

【東間屋】
DJ:
Traks Boys
okadada
MONKEY TIMERS
Instant Dub

LIVE PAINT:
Toyameg

SCREEN PRINT SHOW:
Marfa by Kazuhiko Fujita x Erection

FLYER:
Ryo Taguchi (CIDER INC.)

info:
Spotify O-EAST
03-5458-4681
https://shibuya-o.com/east/

RELATED

【対談】髙城晶平 × okadada 『WALTZ』| 読書/ダンスフロア/連続性

11/18(土)に開催される渋谷Spotify O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、AZUMAYAを舞台にしたサーキットパーティー『WALTZ』。

PUNPEEが新曲"Family Sale feat. 親父"をリリース | ミュージックビデオを公開

5曲入りの最新作『Return of The Sofakingdom』を発表し、中野サンプラザを含む全国単独公演を終えたPUNPEEが、新曲"Family Sale feat. 親父"を明日10/18(水)にリリースする。

Daichi YamamotoがAru-2プロデュースの新曲"Sol"をリリース | 京都高島屋S.C.の開業を記念した1曲

Daichi YamamotoがAru-2プロデュースの新曲"Sol"を本日10/17(火)にリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。