STUTSがプロデュースする音楽集団MirageCollectiveの楽曲"Mirage"がリリース | 長澤まさみ主演のカンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『エルピスー希望、あるいは災いー』の主題歌

今月アルバム『Orbit』を発表したばかりのSTUTSが、プロデュースを手掛けた音楽集団Mirage
Collectiveによる楽曲"Mirage"が、明日10/25(火)にリリースされる。

R&Bを感じさせるアーバンなヴォーカル曲ではあるが、Mirage
CollectiveはSTUTS以外のメンバーが明かされておらず、その歌声が誰であるかも今はまだ発表されていない。

この楽曲は10/24(月)より放送がスタートした長澤まさみが4年半ぶりの連続ドラマ主演をつとめる、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『エルピスー希望、あるいは災いー』のエンディング映像にて初めてOAされた。また、第一話のドラマエンディングでは男女が歌っているようだが、今回配信された音源は男性一人が歌唱している。

Info

DIGITAL SINGLE 「Mirage」
アーティスト名:Mirage Collective(読み:ミラージュ・コレクティブ)
タイトル:「Mirage」(読み:ミラージュ)
フォーマット:配信シングル
発売日:2022年10月25日(火)
※カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ「エルピス希望、あるいは災い–」ドラマ主題歌
https://miragecollective.lnk.to/Mirage1

<Artwork>

AD & Design : Kei Sakawaki
Photography : Makoto Oono
Prop Styling : Takuya Tanoue (Essential Store)

<Visualizer>

Additional Effects, Director : Ryu Nishiyama

 --

(ドラマ情報)

カンテレ・フジ系 月曜夜10時ドラマ 『エルピスー希望、あるいは災いー』
毎週月曜午後10時
カンテレ・フジテレビ系全国ネット

出演 : 長澤まさみ、眞栄田郷敦、三浦透子、三浦貴大、近藤公園、池津祥子、梶原善、片岡正二郎、山路和弘、岡部たかし、六角精児、筒井真理子、鈴木亮平 ほか
脚本 : 渡辺あや
演出 : 大根 仁 ほか
音楽 : 大友良英
プロデュース : 佐野亜裕美(カンテレ)
制作協力 : ギークピクチュアズ、ギークサイト
制作著作 : カンテレ

公式Twitter:@elpis_ktv
公式Instagram:@elpis_ktv
公式TikTok:@elpis_ktv_
https://www.ktv.jp/elpis/

ドラマエンディング・クレジット
企画 : 上出遼平
企画演出 / 監督 : 松野貴仁
企画協力 : Jo Motoyo
制作:maxilla

related

STUTSがプロデュースするMirage Collectiveの女性ボーカルが長澤まさみだったと判明 | "Mirage Op.4 - Collective ver. (feat. 長澤まさみ)"をリリース

毎週月曜22時から放送中のカンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『エルピスー希望、あるいは災いー』の主題歌を担当している、STUTSが音楽プロデュースを手掛けるMirage Collective。YONCEに加えて長澤まさみがフィーチャリングボーカルとして参加していることが明らかになった。

STUTSがプロデュースするMirage CollectiveのボーカリストはSuchmosのYONCEだと判明 | スタジオライブ映像も配信

STUTSが音楽プロデュースを手掛けているMirage CollectiveのボーカリストがSuchmosのYONCEだと判明した。

STUTSがプロデュースを手がけるMirage Collectiveによる『エルピスー希望、あるいは災いー』主題歌"Mirage"の新たなヴァージョンがリリース

STUTSが音楽プロデュースを手掛ける音楽集団Mirage Collectiveによるカンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『エルピスー希望、あるいは災いー』主題歌"Mirage"の新たなヴァージョンがドラマ放送終了後すぐの11/15(火)に配信リリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。