tofubeatsの最新アルバム『REFLECTION』がアナログレコード化 | 11月のレコードの日にリリース

tofubeatsの5thフルアルバム『REFLECTION』が、レコードの日である11/3(木)にアナログレコードでリリースされる。

『REFLECTION』は2022年5月18日(水)にCDリリースされたtofubeatsの実に4年振りとなったフルアルバム。自身の歌唱作品は勿論、ダンスミュージックからボサノヴァまでが共存しながらも、中村佳穂、Neibiss、Kotetsu Shoichiro、UG Noodleといった多彩なアーティスト達が参加したHIHATT LABELの審美眼が素晴らしい作品として高評価を得たタイトルとなっている。LP化に伴い、収録内容もCDとは一味違う数量限定生産なので、早めのチェックが必要だ。

更に、所属レーベルのECショップ「ワーナーミュージックストア」では受注限定/数量限定生産でオリジナルTシャツ付きセットが販売される。Tシャツのデザインは『REFLECTION』のアートワークと同じくGraphersRock岩屋民穂が手がけている。

Info

【リリース情報】

REFLECTION(LP 180g重量盤)

WPJL-10166

価格:\4,180(tax in)

11月3日(木・祝)リリース

■収録内容

[Side-A]

1:Mirai / short ver

2:PEAK TIME

3:SMILE

4:don’t like u feat. Neibiss

5:恋とミサイル feat. UG Noodle

6:VIBRATION feat. Kotetsu Shoichiro

[Side-B]

7:REFLECTION feat. 中村佳穂

8:CITY2CITY

9:SOMEBODY TORE MY P

■購入リンク:https://tofubeats.lnk.to/REFLECTION_LP

【ワーナーミュージックストア限定「REFLECTION Tシャツ」付きセット】

セット価格:¥7980(税込)

サイズ:S/M/L/XL/XXL

販売URL:https://store.wmg.jp/collections/tofubeats/products/2835

※Tシャツ付きセットはワーナーミュージックストア限定販売となります。

※Tシャツ単独での販売はございません。

※各サイズ数量上限に達し次第予約終了となります。

related

【フォトレポート】『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫を舞台に開催された『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』。日本最大級のアーバンスポーツの祭典と銘打たれ、日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボードやBMX、今新たに注目されているブレイキンやパルクールなど、全6種目の世界的プレーヤーたちが一堂に会したこのイベント。

tofubeats Interviewed by in the blue shirt | 『REFLECTION』をめぐる雑談

tofubeatsが今月リリースした4枚目のアルバム『REFLECTION』は、これまでハイペースでアルバムをリリースしてきたtofubeatsだが、前作『RUN』から4年のスパンをかけて制作された。同時発売された初の書籍『トーフビーツの難聴日記』で明かされたように、今作は突発性難聴を発症したことをきっかけに鏡というテーマが導き出され、制作が進んでいった。

赤レンガ倉庫で入場無料で開催される『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』にどんぐりず、doooo、FNCY、JJJ、 KM、Lil’Leise But Gold、MONJU、SPARTA、STUTS、tofubeatsなどが出演

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫にて入場無料で開催される日本最大級のアーバンスポーツの祭典「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022」のミュージックライブの全アーティストが解禁となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。