yonawoが鈴木真海子とSkaaiを客演に迎えたシングル"tokyo"をリリース

yonawoが新曲"tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai"を7/27(水)にリリースすると発表した。

"After Party"、"yugi"などの楽曲が話題になっているyonawo。初めて客演を迎えた"tokyo"はこれまで親交があった鈴木真海子、同じ九州出身でもあるラッパーSkaaiを迎えて制作され、今回のリリースに先駆けて7月1日(金)に行われた対バンツアー『yonawo presents「ROOM 470」』の東京公演のアンコールにて両者を迎えて披露されている。それぞれの目に映る「東京」をyonawoが奏でるサウンドに乗せて紡いだ1曲となっている。

鈴木真海子
Skaai

また、今回のジャケット写真はコラージュ作家として各所で話題の新進気鋭のクリエイター、ヤビク・エンリケ・ユウジが担当。楽曲の配信と合わせてyonawo YouTubeチャンネルではオフィシャルビジュアライザーも27日(水)より公開される。

Info

■yonawo「tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai」 
・タイトル:tokyo feat.鈴木真海子、Skaai
・リリース日:2022年7月27日(水) 0:00配信リリース(ダウンロード・ストリーミング)

related

【鼎談】荒谷翔大(yonawo)× 鈴木真海子(chelmico)× Skaai | 「俺らで何かできたら良くない?」って盛り上がったのが“tokyo”のきっかけ

yonawoは今年から関東のとある街の一軒家でメンバー全員が共同生活している。通称「yonawoハウス」。

ネオソウルバンドyonawoがミニアルバム『LOBSTER』を4月にリリース

福岡で結成された新世代のネオソウルバンドyonawoが、4/15(水)に初のミニアルバム『LOBSTER』をリリースする。

福岡出身のバンドyonawoがシングル“Mademoiselle”を12月20日(金)に配信リリース

荒谷翔大(Vo)、田中慧(Ba)、斉藤雄哉(Gt)、野元喬文(Dr)による福岡出身の4ピースバンドyonawoが、新曲“Mademoiselle”を12月20日(金)に配信リリース。ジャケット写真とティザー映像、新アーティスト写真も公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。