Kamuiのアルバム『YC2.5』が来月リリース | 荘子it、ゆるふわギャング、Mondo Grosso、ピーナッツくんなどが参加

ラッパー/プロデューサーのKamuiによるアルバム『YC2』のデラックス版『YC2.5』が8月にリリースされることが決定した。

『YC2』は2020年に2020年にリリースされるも、現在は配信を取り下げている作品。その後デラックス版として制作がスタートされ、制作費とその後のワンマン公演へ向けてクラウドファンディング・プロジェクトを立ち上げると、初日で目標額を達成。最終的には300%超えの金額が集まったことでも大きな話題を呼んだ。

今回発表された『YC2.5』の参加アーティストは先行シングルとしてリリースされたDos Monosの荘子itの他にもゆるふわギャング、ピーナッツくん、MONDO GROSSO、そしてKamui率いるプロジェクトチームであるMUDOLLY RANGERSなどが名前を連ねている。

また収録曲からG4CH4がプロデューサーとして参加しMenace無を客演に迎えた最新楽曲"nevermind feat. Menace無"と、前作『YC2』にも収録されたKamuiのオルターエゴであるボーカロイドキャラクター・suimee名義の楽曲"星空Dreamin’"が先行公開となった。

なお本アルバムの制作費にクラウドファンディングで参加したファンに対しては、限定で豪華ゲストアーティストとのコラボ曲を追加収録したCDが後日郵送される。

Info

▼アーティスト:Kamui

▼タイトル:YC2.5

https://809.lnk.to/kamui_yc25

▼Track List:

1. YC2 Intro

2. Runtime Error

3. ZMZM

4. 星空Dreamin’

5. login (Skit)

6. BAD Feeling feat. 荘子it

7. YCB2

8. ミライノソラ feat. ピーナッツくん

9. KANDEN feat. ゆるふわギャング

10. takin’ T-X (Skit)

11. Tesla X REMIX feat. MUDOLLY RANGERS

12. meta OD (Skit)

13. everything is dancing

14. 星屑

15. dive (Skit)

16. Tetsuo

17. i have

18. nevermind feat. Menace無

19. Kaze (Skit)

20. 疾風

21. Wanna Be Myself

22. come to one's senses (Skit)

23. Hello, can you hear me

related

【対談】Kamui × 荘子it(Dos Monos)| 侵入者による対話

Kamuiと荘子itは出会うべくして出会ったふたりの才能と言えよう。両者ともにラッパーであり、自らビートも作り、そして鋭く現代的な批評精神を持ったヒップホップのアーティストだ。そんなふたりが初めて共作した“BAD Feeling”のビートはG4CH4が制作、ミックスはIllicit Tsuboiが手掛けた。

Kamuiが『YC2.5』のリリースに先駆け自身のイベントとワンマンライブを開催 | Age Factory、JUBEEなども出演

Kamuiが、去年発表したサイバーパンクアルバム『YC2』の世界観やストーリーをより明確化し、フィーチャリングアーティストを追加したDXアルバム『YC2.5』のリリースに先駆け、渋谷WWWにて自身のイベントとワンマンライブを開催する。

Kamuiの最新アルバム『YC2.5』から荘子itを迎えた"BAD Feeling"のミュージックビデオを公開

Kamuiが2020年に発表したアルバム『YC2』のデラックスバージョンとして今年リリース予定の『YC2.5』から、荘子itを迎えた"BAD Feeling"のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。