KANDYTOWNの1stアルバム『KANDYTOWN』のアナログ盤が数量限定で再プレス

KANDYTOWNが2017年にリリースした1stアルバム『KANDYTOWN』のアナログ盤が5年ぶりに4LPで再プレスされることになった。

初のアナログリリースとなった今作は、当時発売と同時に即完売した為に今尚中古市場でプレミアム価格で取引される人気作品。

内容は当時のままとなっており、初回限定ボーナスディスクの収録曲を含めた1stアルバム『KANDYTOWN』の楽曲に加え、店舗/会場で限定配付されていた音源"Get Light"や"R.T.N"などのインストも収録された完全盤。今回の再プレスに併せて新たにマスターのカッティングを行い音質にもこだわった。

Info

https://kandytown.lnk.to/ktlp

【KANDYTOWN 1stアルバム「KANDYTOWN」(4LP)】

タイトル:「KANDYTOWN」(4LP/数量限定生産盤)

発売日:7月20日(水)より随時発売

価格:¥4,800(税別)

品番:WPJL-10052~55 (4LP)

収録曲

Side A

1. Intro

2. RTN

3. Twentyfive

4. Get Light

Side B

5. Just Sink

6. Evidence

7. Good Die Young

8. Beautiful Life

Side C

9. Round & Round

10. Ain't No Holding Back

11. Amazing(Interlude)

12. Feelz

Side D

13. Song in Blue

14. Scent of a Woman

15. Paper Chase

Side E

16. A Bad

17. The Man Who Knew Too Much

18. Against

19. Rainy Night

Side F

20. Oboro

21. Rap City

22. Dejavu

Side G

23. Keep it kool

24. My Business

25. A Bad (Dirty Mix)

26. Song in blue (Remix)

Side H

27. R.T.N (Instrumental)

28. Get Light (Instrumental)

29. Rap City (Instrumental)

30. Oboro (Instrumental)

仕様

・見開きジャケットゲートフォールド仕様

・4枚組の4LP

・180gの重量盤

related

国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』の第三弾出演アーティストが発表|KANDYTOWNが新たにラインナップ

5月21日(土)、5月22日(日)の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催される国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』。本日3/29(火)に第三弾出演アーティストとして新たに東京出身のヒップホップ・クルーKANDYTOWNがDAY1に出演する事が発表された。

KANDYTOWNクルーの中心的人物YUSHIの命日にBANKROLLのメンバーが参加した新曲“Blue Verse”がリリース

メンバーのソロ活動も活発な国内屈指のヒップホップクルーKANDYTOWNが新曲“Blue Verse”をクルーの中心的人物YUSHIの命日でもある本日2月14日にリリースした。

KANDYTOWNのYOUNG JUJU(現KEIJU)が2016年に発表した1stソロアルバム『juzzy 92'』がアナログ化

KANDYTOWNのKEIJUがYOUNG JUJU名義で2016年に発表した1stソロアルバム『juzzy 92'』のアナログ盤が11月23日(火)にリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。