Red Bullによるサイファー企画『RASEN』の第16弾にCYBER RUI、JUBEE、kZm、Space Boyが登場 | ビートはDJ DISKが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画「RASEN」の最新回#16が公開となった。

これまでもフレッシュな若手から、シーンに足跡を残した実力派まで登場してきた「RASEN」。最新の第16弾では、CYBER RUI、kZm、JUBEE、STARKIDSのSpace Boyという刺激的なアーティストたちが登場、ここでしかないマイクリレーを繰り広げている。ビートはDJ DISKが制作した。

RELATED

JUBEEが「解放」がテーマの2ndアルバム 『Liberation』を今月リリース | 上田剛士、JESSE、(sic)boy、HIYADAMなどが参加

JUBEEが2ndアルバム『Liberation』を7/31(水)にリリースする。

kZmが8月リリース予定の3rd アルバムから"STAR"を先行リリース

ラッパーのkZmが今年8月にリリースする 3rd アルバムから"STAR"をリリースした。

(sic)boy が楽曲"Wasted"にフォーカスを当てたEP『Wasted EP』をリリース | kZmが参加したリミックスなど全6曲を収録

(sic)boyがメジャー1stアルバム『HOLLOW』の収録曲"Wasted"にフォーカスを当てたEP『Wasted EP』をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。