tofubeatsが5月にリリースする新作『REFLECTION』から"PEAK TIME"のミュージックビデオが公開

tofubeatsが4年ぶりにリリースする5作目のアルバム『REFLECTION』から、先行シングル"PEAK TIME"のミュージックビデオが公開となった。

"PEAK TIME"は"REFLECTION feat. 中村佳穂"に続く第二弾先行シングルで、自身が歌唱したダンスナンバー。コミカルなダンスが癖になるミュージックビデオも本日公開された。

また、このリリースに合わせ制作したPEAK TIMEフーディーも販売中だ。

Info

2022年3月25日配信スタート

tofubeats digital single 「PEAK TIME」

Link:https://tofubeats.lnk.to/peaktime

<PEAK TIMEフーディー販売情報>

・PEAK TIME Hoodie

¥6,000(税込)

SIZE: L/XL/XXL

※3月29日(火)以降のお届けとなります。

ご注文完了日の翌日~7日後の発送となります。

「カートページ」で[配送希望日時]を選択できます。

[配送希望日時]はご注文日の8日後から10日間をご選択いただけます。

・最短のお届けをご希望の場合は、日時の[指定なし]をお選び下さい。

Link:https://store.wmg.jp/collections/tofubeats/products/2588

【CDリリース情報】

2022年5月18日リリース

tofubeats 5thアルバム『REFLECTION』

初回限定盤/WPCL-13374 ¥3,800 (税込¥4,180)  

通常盤/WPCL-13375 ¥2,800 (税込¥3,080)

初回限定盤は、人気イラストレーター山根慶丈がこれまで描いてきたtofubeatsのアートワークを12枚のポストカードにまとめたスペシャルパッケージ。

各店舗でCD購入者へのオリジナル特典も予約受付中。

■汎用特典:オリジナルステッカー

■Amazon:メガジャケ

■楽天ブックス:缶バッジ

■セブンネット:ミニスマホスタンドキーホルダー

以下の予約ページをチェック

Link:https://tofubeats.lnk.to/REFLECTION

1. Mirror 

2. PEAK TIME 

3. Let Me Be 

4. Emotional Bias 

5. SMILE 

6. don’t like u feat. Neibiss 

7. 恋とミサイル feat. UG Noodle 

8. Afterimage 

9. Solitaire 

10. VIBRATION feat. Kotetsu Shoichiro 

11. Not for you 

12. CITY2CITY 

13. SOMEBODY TORE MY P 

14. Okay! 

15. REFLECTION feat. 中村佳穂 

16. Mirai 

related

tofubeatsが5thアルバム『REFLECTION』の無料オンラインリリースパーティーを開催

tofubeatsが本日5/18(水)にリリースした5枚目のアルバム『REFLECTION』をリリースした。

VaVaの新作『VVARP』の詳細が発表 | tofubeats、VIGORMANがゲスト参加しJJJ、SCRATCH NICE、ZOT on the WAVE、in the blue shirtなどがビートを提供

約3年ぶりとなるVaVaのニューアルバム『VVARP』の詳細が発表された。

パソコン音楽クラブ Interviewed by tofubeats & CE$

2015年に結成されたパソコン音楽クラブは、80~90年代の音源モジュールやシンセサイザーを用い『DREAM WALK』(2018)、『Night Flow』(2019)、『Ambience』(2020)の3作品をリリースしてきた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。