【オフィシャルレポート】LEX、JP THE WAVY & BIM | POP YOURS Presents 『POP UP LIVE @SUPERMARKET』

国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』。5月21日(土)、5月22日(日)の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで初開催される。そのプロモーションの一環として、オンラインライブ企画『POP UP LIVE @SUPERMARKET』が3月21日(月・祝)にYouTubeとTikTokで無料配信された。

配信が開始されると、消灯した深夜のスーパーマーケットを懐中電灯で照らし歩く主観視点の映像が。床に無数に貼り付けられた『POP YOURS』のステッカー。鮮魚コーナーに佇むのはイエローとオレンジが混じり合ったビッグメゾンのスウェットをセットアップで着用したLEXだ。軽快なステップとともに“TAMAGOTCHI”を歌い出すと、日本のどこにでもあるスーパーマーケットがスタイリッシュにライトアップされる。

ワンショットの長回しをベースにLEXが歌い歩くそこは、当然のように野菜や果物が生々しく陳列されている。演出と見せ方でおなじみのロケーションもまるで違う場所に見える。この表現はまるでこれまで多くのラッパーたちが地元の退屈な風景を、自らの視点とリリカルな言葉で彩り豊かに再解釈してきたことにも通じる。さらに奥からはマスクを被った2人のダンサーが登場。オリジナルな日本のヒップホップの風景が立ち上がる。生花コーナーから始まる2曲目“NASA”ではクルーSOGのマイメン・Saru Jr.foolも参加。4人でスーパーの通路を所狭しと練り歩きまくった。

“なんでも言っちゃって”では、JP THE WAVYが登場。公私に渡るパートナーであるNiinaをはじめ、Amami Queen、ANNABABY、MONA、YURINOの5人のギャル軍団が押すショッピングカートに乗ってというインパクト。2021年を席巻したLEXとJP THE WAVYのコンビネーションの勢いは今年も止まらない。

そのままJP THE WAVYの“WAVEBODY feat. LEX”へ。ただの飲料コーナーでのパフォーマンスだが、鮮やかで華やか。ちょっと危険な香りすら漂わせる。これがJP THE WAVYの放つ色気か。LEXのヴァースとフックを終えるとカメラはそのままレジへ。かますナンバーは“We Comin' (f**k dat s**t)”。さきほどのギャルたちがエプロンを着けてレジでやりたい放題。終いにはお札まで舞う。スーパーでレジ後に行くのは袋詰めするサッカー台。そこも外から巨大な照明で照らせば大迫力のステージに早変わり。そこに映えるダンサーとイケてるラッパー。“Sushi”のリリック通りにフレッシュだ。

トリを飾ったのはBIM。LEXとJP THE WAVYの華やかな雰囲気とは違い、大人っぽい出で立ちで登場する。積み上げられた段ボールの壁を崩して現れる演出は、自らのイメージを次々と打ち壊していくBIMの活動スタイルの暗喩のようにも思える。

BIMはすべて初披露の新曲をこの日だけのUnmastered Versionでパフォーマンス。1曲目は“Celebration”。客演にトレードマークのドレッドを切ったDaichi Yamamotoが登場。フックが爆メロウなナンバーだ。BIMはそのままバックヤードへ。2曲目の“Take me back...”を歌い始める。こちらは同級生のマイメン・in-dと歌うback in the daysもの。気づけば2人が2012年にTHE OTOGIBANASHI’Sでシーンに登場してから今年で10年になる。成長と貫禄を見せつけた。

ラストの“Mosquito”は電子音が舞い飛ぶドリーミンなポップナンバー。3曲でさまざまな表情をうかがわせてライブを終えた。最後にはLEX とJP THE WAVYも登場。3人は裏口から逃げるように立ち去った。

オンラインライブだがMVのように作り込まれたライブコンテンツの監督は新保拓人。『POP YOURS』は一体どのようなフェスになるのだろうか? これまでにない日本のヒップホップを提案してくれる、そんな期待が高まる映像だった。『POP UP LIVE』の模様はYouTubeでアーカイブが公開中だ。

また今回のオンランライブに合わせてPOP YOURSのステッカープレゼントキャンペーンも3/27(日)まで開催中。詳細はPOP YOURSのSNSアカウントをチェックしてほしい。 (文・宮崎敬太)

■POP YOURS Presents 「POP UP LIVE @SUPERMARKET」

Tracklist

LEX

1. TAMAGOTCHI

2. NASA feat. Saru Jr.fool

3. なんでも言っちゃって feat. JP THE WAVY

JP THE WAVY

1. WAVEBODY feat. LEX

2. We Comin' (f**k dat s**t)

3. Sushi

BIM

1. Celebration feat. Daichi Yamamoto (unmastered)

2. Take me back... feat. in-d (unmastered)

3. Mosquito (unmastered)

Credit

Starring :

LEX

JP THE WAVY

BIM

Guest :

Saru jr.fool

Daichi Yamamoto

in-d

Dancer :

Niina

Amami Queen

ANNABABY

MONA

YURINO

Director :

Takuto Shimpo

Director of Photography :

Koretaka Kamiike

Photographer : cherrychillwill.

■公演情報

『POP YOURS』

日時:2022年5月21日(土)・5月22日(日)

会場:幕張メッセ国際展示場9~11ホール

■出演者 

DAY1(5月21日)

PUNPEE/田我流/JJJ/JP THE WAVY/LEX/OZworld/SALU/(sic)boy/STUTS/VaVa/ゆるふわギャング

and more

DAY2(5月22日)

BAD HOP/Awich / BIM (BAND SET)/C.O.S.A./Daichi Yamamoto/どんぐりず/kZm/MONJU/ralph/5lack/Tohji/¥ellow Bucks

and more

■チケット

ローソンチケット / e+ / チケットぴあ

2日通し券 S席:¥22,000(全席指定)

1日券 S席:¥12,000(全席指定)

1日券 A席:¥9,800 (全席指定)※A席のみ3月12日(土)発売

主催:株式会社スペースシャワーネットワーク

制作:SMASH

制作協力:HOT STUFF PROMOTION

■お問い合わせ窓口

SMASH:03-3444-6751 / HOT STUFF PROMOTION:03-5720-9999 

■メールアドレス (事務局) 

info.popyours@spaceshower.net

■オフィシャルサイト

popyours.jp

■POP YOURS SNS

Instagram https://www.instagram.com/pop_yours/

TikTok https://www.tiktok.com/@pop_yours

Twitter https://twitter.com/POP__YOURS

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCtgGM0Uv1Gjoe6BqB7d9Vrw/featured 

#popyours

本公演は、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室のガイドラインに従ったキャパシティにて開催いたします。

■公演に関して 

・緊急事態宣言等が発令された場合、開演時間が前倒しになる可能性がございます。

・出演者の変更に伴う払い戻しは行いませんので、予めご了承ください。

・公演の延期や中止の場合を除きチケットの払い戻しは行いません。

・感染をはじめとするあらゆるリスク、その他経済的損失等について、主催者は一切責任を負いかねますので、予めご了承ください。

・新型コロナウイルス感染および拡散防止の為、スタッフはマスクやフェイスシールド等の着用の上、業務させていただく場合がございますので予めご了承ください。

・チケット購入時に、購入者ご本人様はチケット購入時に、同行者の方に関してはチケット分配時にそれぞれ個人情報の登録をお願い致します。

・感染防止の為、ご来場の際必ず以下の注意事項を厳守して頂きますようお願い致します。

尚、ご協力頂けない場合、ご入場をお断りさせて頂きます。

またすでにご入場されている場合は、退場して頂く場合も御座います。

■感染防止注意事項

・ご来場時の検温及び手指の消毒にご協力ください。

・咳エチケット、手洗い・手指の消毒の徹底をお願い致します。

・マスクの正しい着用にご協力ください。

・マスクを着用されてない方はご入場いただけません。

・入場待機から会場内及び退場されるまで大声による会話/発声/歓声はお控え願います。

・全席指定席となります。お席を離れてのご観覧などの行為は禁止とさせて頂きます。

・お客様同士の距離の確保にご協力ください。

・当日は規制入場、規制退場とさせて頂きます。

・新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の登録をお願い致します。

※下記に該当するお客様には、ご来場をお断りさせて頂きます。

その場合、チケットの払い戻しは出来ません。

ご来場時の検温で37.5℃以上の発熱が確認された方

②咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、⿐汁・⿐閉、味覚・嗅覚障害、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐などの症状がある体調不良の方

③過去14日以内に新型コロナウイルスの陽性判定を受けた方 

④過去14日以内に新型コロナウイルスの陽性判定を受けた方との濃厚接触の疑いがある方、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方 

⑤過去14日以内に発熱や感冒症状で受診や服薬をしている方

⑥過去14日以内に政府から入国制限や入国後の観察期間を必要とする国、地域等への渡航、又当該在住者との濃厚接触がある方

⑦ご入場時の検温にご協力頂けない方

⑧個人情報のご提供を拒否される方

公演に関する問合せ先 HOT STUFF PROMOTION TEL 03-5720-9999(平日12:00~15:00)

related

BIMがZepp Yokohamaでワンマンライブを開催 | ゲストは今回も内緒

3月にミニアルバム『Because He's Kind』をリリースしたBIMが、6/15(水)にZepp Yokohamaでワンマンライブを開催すると発表した。

Ken Francisが初のEP『So Icy, but I’m 18』をリリース | JP THE WAVYやELIONE、eyden、太郎忍者などが参加

『ラップスタア誕生 2021』に出場し12月には自身初となるシングル『So Icy』をリリースした大阪出身のラッパーKen Francisが、初のEP『So Icy, but I’m 18』を発表した。

BIMの最新作『Because He's Kind』からどんぐりずを客演に迎えた"Anchovy"のミュージックビデオが公開

BIMが3月にリリースしたアルバム『Because He's Kind』から、どんぐりずを客演に迎えた"Anchovy"のミュージックビデオが公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。